ニュース

米国男子WGCメキシコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 WGCメキシコ選手権
期間:02/20〜02/23 場所:チャプルテペクGC(メキシコ)

逆転でWGC2勝目のリード 批判&雑音を打ち消せるか

◇世界選手権シリーズ◇WGCメキシコ選手権 最終日(23日)◇チャプルテペクGC (メキシコ)◇7355yd(パー71)

「バハマでのできごとについてはもう説明した。結局、僕が今やろうとしていることは外で良いプレーをして、試合に勝つことだ」。第1ラウンドを終えた後、パトリック・リードはそう話した。昨冬から周囲が何かと騒がしい。きっかけは12月にバハマで行われた「ヒーローワールドチャレンジ」。ウェイストエリアで素振りをした際、ボールのうしろの砂をバックフェースで削ってライを改善したのがテレビ映像で発覚し、ラウンド後にペナルティを受けたシーンだった。

この行為が意図的だったのではと批判を浴びたリードは以降、悪い意味で話題を引っ張った。直後のオーストラリアでの「プレジデンツカップ」ではキャメロン・スミス(オーストラリア)から「インチキだ」と言われ、アウェーで野次が飛び、暴言を吐いたとされるギャラリーと自身のキャディがその場でケンカをはじめた。年明けのハワイ「セントリートーナメントofチャンピオンズ」ではロープ外から「Cheater(ズルいヤツ)!」の声が飛んだ

極めつけは今月、ラジオを通じてブルックス・ケプカに「彼は砂のお城を作っていたんだ。僕は3カ月休んでも、クラブが砂を触ったかどうか分かる。ビデオでは明らかに砂を2回削って、ならしている」と批判されたかと思えば、CBCのアナリストからも「今までリードが4回はライを改善したのを見た」とやり玉にあげられた。

リードは「とにかくプレーを良くし続けることしかなかった。どんな雑音もシャットアウトしてね」という。首位と1打差から出た最終日は中盤に抜け出たブライソン・デシャンボーを追い、15番(パー5)からの3連続バーディで逆転。シーズン初勝利は通算8勝目、WGCタイトルは今大会の前身2014年の「キャデラック選手権」以来2つ目となった。

「ロープの中ではやるべきことに集中する。それがゴルフだ」。衆人環視のもと、視線が一層厳しくなる中で勝ち切ったことは事実。そしてメキシコのファンの声援を大きくしたのも事実だった。(メキシコ・メキシコシティ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 WGCメキシコ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!