ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全米オープン
期間:06/12〜06/15 トーレパインズGC(カリフォルニア州)

タイガー・ウッズ、2ヶ月振り復帰を語る

大会前日、現地時間7時に練習ラウンドで、ババ・ワトソンとスタンフォード大学のジョーダン・コックスとバックナインを回ったタイガー・ウッズ。その後の記者会見では、報道陣からとにかく膝についての質問が集中した。

-膝について容態はいかがですか?
タイガー・ウッズ
「まだ完治はしていない」。

-練習ラウンド後の不安については?
タイガー・ウッズ
「多少痛いが、痛みを伴って大会に臨むのは初めてのことではないから大丈夫。気持ちよくプレーできています」。

今週、4日間歩き続けるわけですが、心配はなさそう。今日、調子の悪さは見られなかった。タイガーは、ここ10年間と同じ素晴らしいティフォームを見せている。練習ラウンドを見守っていたコーチのハンク・ヘイニーは、「膝をかばうためにスイングは変えていない。ベストの状態ではなくトーナメントに臨むことは今までにもあったが、何と言ってもタイガーだから」とコメントしている。

タイガー・ウッズ
「今のところ調子がいい。練習も準備も順調です。マスターズ以来、トーナメントに出場していないが、とにかくコースに出て流れを取り戻そうとしている。アドレナリンの高まりを感じて、歓声を聞くのが久し振りなことなので、とても興奮している」。

-組み合わせについてはどう思われますか?
タイガー・ウッズ
「いい組み合わせだと思う。ファンにとっても選手にとってもいいと思う。皆楽しみにしていて、これまで否定的な意見は聞いていない」。

-今大会に期待していることは?
「準備は万端。優勝争いに絡みたいし、木曜日には準備が出来てるよ」。

膝について、記者が望むほどの答えて出さなかったものの、コースに戻れたことが嬉しく、気分は上々のようだ。

-コースについての印象は?
タイガー・ウッズ
「コースは完璧なコンディション。もちろん1月(ビュイックインビテーショナル開催時)とは違うので、グリーンも速く、傾斜もきつくなるでしょう。ここほどボールが速く転がるコースはないと思う。グリーンはとてもスムーズで、大きな試練となることだろう」。

-優勝に必要なスコアは?
タイガー・ウッズ
「日によってセットアップも違うので、何とも言えない。スコアの予想が立たないから、息詰まる思いです。今年はいつもと違うメジャーとなるでしょう」。

-休養中にしていたことは?
タイガー・ウッズ
「娘の成長を見ていました。サムがいたから、リハビリを乗り越え、いつも近くにいて見ているだけで楽しく、手術のことなど忘れられた」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。