ニュース

米国男子プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 プレジデンツカップ
期間:12/12〜12/15 ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

“監督兼選手”ウッズ 若き精鋭たちに語った1敗の記憶

◇世界選抜VS米国選抜対抗戦◇プレジデンツカップ 事前(10日)◇ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)◇7055yd(パー71)

プレジデンツカップでの“監督兼選手”は、1994年の第1回大会のヘイル・アーウィン以来2人目となる。それがあのタイガー・ウッズとなれば、さらに注目度は跳ね上がる。世界選抜のキャプテンを務めるアーニー・エルス(南アフリカ)とともに出席した会見では、冒頭から矢継ぎ早にウッズへ質問が飛んだ。「ペアリングは最初に自分のペアから決めるのか、それともほかのペアリングから決めていくのか?」。投げ込まれた直球を「チームファーストだ」と冷静に打ち返した。

プレジデンツカップのため7日(土)フィニッシュに変更されたホスト大会「ヒーローワールドチャレンジ」を終えると、同大会に出場した米国選抜のチームメートたちと26時間のフライトでオーストラリア入り。カードゲームに興じるなどリラックスムードの機内だったようだが、百戦錬磨のレジェンドは引き締めるポイントを心得ている。「1998年に何が起こったかを話した。若い選手たちは、まだオムツをしていたころの話だ」。米国選抜が唯一の黒星を喫した98年大会にウッズも名を連ねていた。舞台は今回と同じロイヤルメルボルンGCだった。

練習ラウンドでも主将と選手の顔を使い分ける。チームメートがグリーンを入念にチェックする様子をじっと観察し、自分の練習はパターで2球ボールを転がしただけかと思えば、次のホールでは先んじてティショットを放つ。「すべてのトーナメントはゼロから始まる。それは変わらない」。米国選抜有利との下馬評にも淡々と応じ、準備を積み重ねた。ちなみに94年大会のアーウィンは2勝1敗とポイントを稼ぎ、チームを勝利に導いている。(オーストラリア・メルボルン/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。