ニュース

米国男子ザ・CJカップ@ナインブリッジの最新ゴルフニュースをお届け

勝利の4割はアジアで ジャスティン・トーマスが「ZOZO」へ弾み

◇米国男子◇ザ・CJカップ@ナインブリッジ 最終日(20日)◇ナインブリッジ(韓国)◇7241yd(パー72)

首位タイからスタートしたジャスティン・トーマスが7バーディ、2ボギーの「67」で後続を2打差で振り切る通算20アンダーとし、2017年に続く大会2勝目を飾った。8月の昨季「BMW選手権」以来のツアー通算11勝目となり、「最高の気分だ。堅実なプレーを心掛けて、勝つために必要なことをすべてやり遂げた気分だね」とよろこびに浸った。

PGAツアーによると、27歳を前にツアー11勝に到達したのは、ジョーダン・スピースロリー・マキロイ(北アイルランド)、タイガー・ウッズジャック・ニクラスに次いで5人目になる。

春先にはプレー中に右手首を痛めてツアーの一時離脱を強いられたトーマスだが、夏場からは一気に上昇気流に乗った。トーマスはシーズンをまたいで自身初の4試合連続トップ5を記録し、目下絶好調。次週の日本初開催の米ツアー「ZOZOチャンピオンシップ」に向けても弾みをつけた。

日本での活躍が期待されるもうひとつの理由が、トーマスが見せるアジア大会での強さだ。韓国で2勝を挙げたほか、マレーシア開催の「CIMBクラシック」で2勝(2016年、17年)をマークし、全タイトルの約4割を占める4勝をアジアで記録している。

アジアとの相性について「理由は僕にもよく分からないよ。奇妙にさえ感じるね」と首をひねる。「でも、それらのコースが好きなことは明らかだし、僕のゲームによく合っているように思う。とても心地がいいんだ」と続け、今週でアジアでの強さを改めて証明してみせた。

2018年5月に世界ランキング1位にも上り詰めた26歳の存在は、母国タイトルを狙う日本選手たちにとって大きな脅威になりそうだ。(韓国・済州島/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ザ・CJカップ@ナインブリッジ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。