ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

“うなぎライン”の攻略とバントの必要性 池田勇太が3位発進

2019/10/17 19:26


◇国内男子メジャー第3戦◇日本オープンゴルフ選手権競技 初日(17日)◇古賀ゴルフ・クラブ(福岡)◇6817yd(パー71)

相棒“ラジー”が耳元でささやいた。「フックして、スライスして、上って、下って…。これはスネークラインじゃない。“うなぎライン”だ」。後半2番(パー3)、ピンの右サイド7mのバーディパット。「絶対に入らないと思って打ったら入った。ラッキーだった」とビックリしたのは池田勇太。キャディを務めるフィジー出身のラジーフ・プラサドさんと思わず顔を見合わせた。

過去2勝(2014年、17年)を誇るナショナルオープンで「70」の1アンダーは決して悪くない滑り出し。首位には2打差で最初の18ホールを終えた。後半6番(パー3)で、グリーン周りのラフに苦しめられてダブルボギー。大嫌いな終盤の後退にも「2mくらいのダボパットを入れられた。あそこで気持ちを切らさずに入れられたのはデカかった」と胸をなでおろした。

厳しい傾斜により、カップとボールの位置次第で、計測の13フィートどころではないスピードのパッティングが待ち受ける。5番(パー5)、5mのバーディパットに向かう恐怖心はこう表現した。「下りでスライスして、フックして、カップの手前がさらに下りがキツくなる感じで。(野球の)“バント”しかできないから、打ち出しの30㎝がどのラインに乗るかが大事」

全選手の第1ラウンドの平均スコアは「75.28」。池田はアンダーパーをマークした6人のうちのひとりになった。「1ラウンド回って2ラウンド分、疲れる。(パットは)下りの1mより上りの3mのほうがいいなと思う。セカンドショット以降の気のつかい方は相当なもの」と息をつく。9月に痛めた右足、左肩もようやく癒えつつあるところ。「あと一歩というところ。なんとか試合をやりながら良くなれば。きょうもそれなりに準備してきたし、良いゴルフはできたと思う」と意気込んだ。

「日本オープン」で過去3勝以上を挙げたのは、宮本留吉(6回)、尾崎将司(5回)、中嶋常幸(4回)、小野光一、中村寅吉(3回)の5人だけだ。(福岡県古賀市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。