ニュース

米国男子ザ・ノーザントラストの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ザ・ノーザントラスト
期間:08/08〜08/11 場所:リバティーナショナルGC(ニュージャージー州)

「10回に1回のアプローチ」松山英樹は3日連続アンダーパー

2019/08/11 07:40


◇米国男子◇ザ・ノーザントラスト 3日目(10日)◇リバティーナショナルGC(ニュージャージー州)◇7370yd(パー71)

パーオンを逃したホールは実に8つ。松山英樹は強風に苦労しながらスコアを伸ばした。6アンダー20位タイから4バーディ、3ボギーの「70」で回り、通算7アンダー。後退して迎えた終盤6ホールで挽回し、17位タイで最終日を迎える。

<< 下に続く >>

ムービングデーの2サムで相対したのは7月「全英オープン」でメジャー初制覇を遂げたばかりのシェーン・ローリー(アイルランド)。1番で大歓声を耳にした松山は「勝てば、ああいう風になるんだなと。アメリカ人じゃなくても」とうなずいた。

この日、一番の敵になったのはコースから自由の女神に向けて吹いた西風。午後は3日間で最も強い、風速5m/s以上を記録した。前半5番、右ラフから木を越える第2打を左サイドのクリークに入れ、ボギー先行で11番までに2ストローク落とした。「フォローの風が吹くホールではボールが止まらなかったりするので、計算が難しかった」。乾いたグリーンはスピードを速め、チャンスをなかなか作れない。「(調子は)悪くはなかった。ただ、なぜがスコアにならないなという感じ」と、もどかしい展開を引きずった。

一時は40位台まで順位を下げたところで、ショートゲームが巻き返しの好材料になった。13番(パー5)では左足下がりのラフから、ウェッジでの3打目を2mに寄せてバーディ。「きのう(2日目)同じようなアプローチで転がして失敗したので、上げようかなと」という判断が実る。

15番で12mのスライスラインを読み切ると、16番は圧巻の一打で2連続バーディを決めた。325ydのパー4で1Wショットはグリーン左手前のラフへ。砲台グリーンのエッジまで20yd、そこからピンまでは5ydほどしかない。「フェアウェイにあればどうにかなるかなと思ったんですけど、(スピンが効きにくい)ラフだったから“ごめんなさい”と。パーでいいかなと思った」という状況から、ロフト52度のウェッジでクッションを効かせて1mにピタリ。「ああやって打つしかなかった。“10回に1回くらい”のアプローチ」で3日連続のアンダーパーを決定づけた。

トップとの差は7ストロークとなり、「優勝は、きょうの(ブラント)スネデカーみたいなゴルフ(63)をしないと厳しい。でもそういうゴルフができたらいい」と意気込む。猛チャージといかなくとも、2週後のプレーオフ最終戦「ツアー選手権」(ジョージア州・イーストレイクGC)出場に向け、フェデックスカップポイントランキング上位30位を争う戦いは終わらない。「来週(BMW選手権)までプレッシャーを“伸ばしたくない”と思うので、頑張りたい」と緊張感をキープした。(ニュージャージー州ジャージーシティ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ザ・ノーザントラスト




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!