ニュース

米国男子ウィンダム選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ウィンダム選手権
期間:08/01〜08/04 セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)

小平智は10回目の予選落ちで今季終了 9月からシード最終年の戦い

2019/08/03 11:00


◇米国男子◇ウィンダム選手権 2日目(2日)◇セッジフィールドCC (ノースカロライナ州)◇7127yd(パー70)

小平智は本格参戦2年目のシーズンを一足早く終えた。4アンダーの27位タイから4バーディ、1ボギー2ダブルボギーの「71」とスコアを落とし、通算3アンダー。レギュラーシーズン最終戦は84位タイでの予選落ちとなり、フェデックスカップポイントランキング上位125人が出場する次週からのプレーオフシリーズ進出を逃した。

トップとは4打差とまずまずの位置でスタートしたラウンドは、中盤の難所を越えられなかった。11番でグリーン右手前からチップインバーディを決めた後、16番でアプローチミスからボギー。「グリーンを2日間、なかなか読み切れなかった」。折り返しの18番、後半4番もショートゲームで耐えきれずダブルボギーを喫し、決勝ラウンド圏内から滑り落ちた。

昨秋に開幕した2018―19年シーズンは22試合に出場し、ストロークプレー戦の最高成績は1月「セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ」の32位タイ。今大会が10回目の予選落ちだった。フェデックスカップポイントランキングは昨季の94位を下回る183位以下になる見通しだ。

1カ月強のオフは、8月末の日本ツアー「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント」(福岡・芥屋ゴルフ倶楽部)への出場の可能性があるが、あくまで視線は主戦場にある。9月12日(木)開幕の「ア・ミリタリー・トリビュート・アット・ザ・グリーンブライアー」(ウエストバージニア州・グリーンブライアーリゾート)で始まる新シーズン、昨年4月の「RBCヘリテージ」で得た2年シードの最終年に目を向ける。

1Wの選定に始まるショット不振が響いたが、ここ1カ月で「だいぶ自分の感覚を取り戻してきた」と言えるようになった。「自分の人生は、こう辛い時期みたいなのはあまりなくて。学生時代から自分なりには順調に来ていた。ただ、この2年は苦しいというか、悩んできたが、トンネルはこの3週間くらいで抜け出せる感じになった。気分が良くなってシーズンが終わる」

シーズンを通じたスタッツ(前週までの記録)は全体35位のフェアウェイキープ率67.28%を除けば、ドライビングディスタンス(191位)、パーオン率(183位)、平均スコア(199位)、ストローク・ゲインドの各部門も軒並み170位以下と低調だった。全体的なレベルアップが求められる中、終盤につかんだ感触を来季の希望にする。

「今年は(ポイントランクの)シードも取れなかった。(来季は)まずは125位に入ること、プレーオフシリーズに出ることを目標にしたい。今シーズンはできなかった優勝争いをしたい」。世界最高峰のツアーのスケジュールはせわしない。新しい一年はすぐにやってくる。(ノースカロライナ州グリーンズボロ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ウィンダム選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。