ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

ネスレ準決勝B 近藤共弘 武藤俊憲

2015/09/13 10:00

HOLE123456789
近藤智弘------
武藤俊憲-------

HOLE101112131415161718
近藤智弘--------
武藤俊憲------

■ 1H Par4 AS

近藤のティショット、フェアウェイにボールを残す。武藤のティショットは右のややつま先上がりのラフへ。2打目、近藤がグリーンをとらえる一方、武藤はカラーに残す。2人とも距離は5mほど。両者とも2パットに終わり、パー。このホール引き分け。

■ 2H Par5 武藤俊憲 1UP

武藤のティショットはスライスしつま先上がりのラフへ。近藤のティショットは右のラフへ。2打目、武藤はフェアウェイにボールを残すが、近藤は池に入れてしまう。両者ともつぎのショットでグリーンオンするものの、2パット。結果、近藤はボギー、武藤はパーで、武藤がこのホールをとる。

■ 3H Par4 武藤俊憲 1UP

だんだん雨が激しくなっていくなかでのティショット。武藤は左ラフに、近藤は右のラフに入れ、フェアウェイをとらえられない。2打目では両者ともにグリーンをとらえ、近藤は10m、武藤は3m距離を残す。両者ともに2パットでパーをとり、このホール引き分け。武藤の1UP。

■ 4H Par3 AS

本日の最初のパー3。武藤のショットはグリーンをとらえる一方、近藤のショットはグリーン手前のバンカーへ。近藤はバンカーショットを上手くよせ、パーをとるが、武藤は3パットでボギー。このホール近藤の勝ちとなり、結果はオールスクエアへ。

■ 5H Par4 AS

近藤のティショットは左のラフ、武藤のティショットは右のラフへ。2打目、近藤はグリーンをとらえるが、武藤はグリーンまわりのラフへ。武藤はアプローチを上手く寄せてパーを獲得。近藤は10mのパットを外し、2パットでパー。このホール両者引き分けでオールスクエア。

■ 6H Par4 AS

打ち下ろしのパー5。武藤のティショットはフェアウェイへ。近藤のティショットは左ラフに入れ、木が邪魔となる。2打目、武藤はグリーンオンで15mの距離を残すが、近藤のショットはグリーン手前のラフへ。さらに近藤はアプローチでミスをし、15mの距離を残す。武藤はパットで痛恨の3パット。近藤はなんとか2パットにおさえ、同点のボギー。ホールも両者引き分けで引き続きオールスクエア。

■ 7H Par4 近藤共弘 1UP

武藤のティショットは右のラフ、近藤のティショットはフェアウェイへ。2打目は両者ともにグリーンオン。武藤は10m、近藤は1mの距離を残すナイスショットととなる。バーディパットで武藤は2パットとなるが、近藤はパットを沈めバーディを獲得。このホール近藤の勝ち。近藤が1UPとなる。

■ 8H Par3 AS

武藤のティショットはグリーンオン。近藤のティショットはグリーンまわりのラフへ。近藤はアプローチで上手く寄せることが出来ず、「そこで止まるの」と思わずこぼす。パットも外し、このホール武藤の勝ち。再びオールスクエアへもつれ込む。

■ 9H Par5 近藤共弘 1UP

武藤のティショットは右のラフへ、近藤のティショットはバンカーに入れてしまう。2打目、武藤はフェアウェイに残すが、近藤は右のラフへ。3打目で両者ともにグリーンオンするも、武藤は10m、近藤は5mの距離を残す。近藤は2パットで決めるが、武藤は3パットをしてしまい痛恨のボギー。このホールは近藤が勝ち、再びリードを取り戻す。近藤が1UPとなる。

■ 10H Par4 近藤共弘 1UP

武藤のティショットはフェアウェイ、近藤のティショットは左足下がりのラフへ。2打目で両者ともグリーンに。近藤は15mのロングパットに挑戦するも、これを外す。武藤も10mのロングパットを惜しくも外す。結果は2人ともパーで引き分け。近藤の1UPは変わらず。

■ 11H Par4 近藤共弘 1UP

近藤のティショットは右のラフへ。武藤のティショットは大きく左のラフに入れ、木が邪魔となる厳しい状況。しかし、2打目でなんとかグリーンにのせる。近藤は2打目でグリーンにのせるも、15mの距離を残す。これをなんとか2パットで沈めパー。武藤も5mのパットを決めきれず2パット。両者ともパーで終わり、このホール引き分け。近藤の1UPは変わらず。

■ 12H Par5 近藤共弘 1UP

近藤のティショットは右のラフに、武藤のティショットはフェアウェイに残す。2打目では、武藤がグリーンオンに成功し、近藤はバンカーに入れてしまう。しかしバンカーショットを上手くよせ、1パットでバーディ獲得。武藤は10mのロングパットを惜しくも外し、2パットのバーディ。このホールも両者バーディで引き分けとなる。近藤の1UPは変わらず。

■ 13H Par3 近藤共弘 1UP

両者ともにグリーンオンするも、近藤は10m、武藤は7mの距離を残す。両者ともにバーディパットは決まらず、パーで引き分け。引き続き近藤が1UPリード。

■ 14H Par4 AS

近藤のティショットは左のラフ、武藤のティショットはフェアウェイへ。2打目、近藤はカラーにのせるが、距離は20m残す。一方、武藤は1mの距離に付けるナイスショット。これを確実に決めてバーディとなり、このホール武藤の勝ち。試合は再びオールスクエアに。

■ 15H Par4 近藤共弘 1UP

ティショットは両者ともにフェアウェイに。2打目は池越えで、ピンが手前に位置する難しいコース。両者ともなんとかグリーンにのせ、近藤は3m、武藤は5mの距離を残す。武藤は2パットでパー、近藤はバーディパットを見事に決め、このホールをとる。近藤が再び1UPのリードを取りかえす。

■ 16H Par3 AS

武藤はピンそば4mのナイスショット。一方、近藤はバンカーへ。2打目のバンカーショットでもピンを越えて奥のカラーまでころがる。パットも決められず、このホールは武藤の勝ち。試合は再びオールスクエアに。

■ 17H Par5 武藤俊憲 1UP

武藤のティショットはフェアウェイ、近藤のティショットはバンカーへ。2打目、近藤はフェアウェイに位置するも、グリーンまで100ヤードほどの距離を残す。一方、武藤は2オン成功のナイスショット。近藤の3打目はグリーンにのらず、奥のラフへ入る痛恨のミス。武藤は15mのロングパットを上手く寄せて、バーディ獲得。このホールも武藤が勝ち、武藤が1UPとなる。

■ 18H Par4 武藤俊憲 1UP

武藤のティショットは左のラフ、近藤のティショットは右のラフに。2打目で、近藤のショットはカラーに、武藤のショットはグリーンをとらえる。武藤はさらに10mのロングパットを見事に沈めてバーディ。武藤の勝利が確定した。




特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~