ニュース

アマ・その他の最新ゴルフニュースをお届け

片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権
期間:09/12~09/14  場所:葛城ゴルフ倶楽部

所属コースで戦った藤田寛之はベスト8で散る

国内男子の試合としては11年ぶりの復活となるマッチプレー。「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権」に出場した藤田寛之は、大会2日目の3回戦で藤本佳則に2&1で敗れ、大会を終えた。

会場の葛城GC(静岡県)は藤田寛之の所属コース。「ホームコースだし絶対に有利ですよね」。多くの選手や関係者に声をかけられた藤田だが「いやー、コースは知っていても試合になると…」と自信なさげに応えていたが、初日の1回戦は無難に勝ち上がった。

<< 下に続く >>

「自分でも思っていた以上に緊張しました。やはり、負けられないというか最終日まで残りたいです」。そう意気込んで臨んだ2日目は、2回戦で同じ芹沢信雄門下の上井邦浩と対戦し、先輩の意地もあって2アップで勝利。

しかし、午後に行われた藤本との3回戦は、後半に獲って獲られてのシーソーゲームを演じながらも力尽きた。勝敗を分けたのは藤田が1ダウンまで巻き返して迎えた15番(パー5)。勝負をかけて2オンを狙い、ピンそば6メートルに乗せた藤田だったが、藤本はその内側3メートルに2オンし返して、イーグルパットも沈めてきた。「ショットが彼の方が上回っていた。その差ですね」と、真摯に受け止めた。

「残念ながら最終日まで残ることができませんでした。(ランキング)上位の選手が揃う中で残っていくことは難しいし、(ホームコースで)やりにくいと感じた中でも2つは勝ち上がってこられたのは良かったと思う」。

最終日は予定がぽっかり空いてしまった。「観戦にでも来ましょうかね」と、後ろ髪を引かれる思いで帰路についた。(静岡県袋井市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る
  • プレゼント
  • 公式サイト

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!