ニュース

米国女子ソーンベリークリークLPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

驚異の31アンダー キム・セヨンは伸ばし合いにめっぽう強い

2018/07/09 14:23


◇米国女子◇ソーンベリークリークLPGAクラシック 最終日(8日)◇ソーンベリークリークGC(ウィスコンシン州)◇6624yd(パー72)

米女子ツアー4年目の25歳キム・セヨン(韓国)が、ツアーの72ホールの最多アンダーパー記録を4打更新する通算31アンダーで優勝した。

ゴルフのスコアは選手の技術力やコンディションだけでなく、コースとの相性、コースセッティング、天候といった様々な要素に左右される。大会は今年が2回目で、昨年の第1回の優勝スコアは通算22アンダー(キャサリン・カーク)。スコアが出やすい大会だとは言える。

畑岡奈紗は開幕前、「グリーンはきれいで、距離もそんなにないので攻めていきたい」(WOWWOWのインタビュー)と語っており、今年も初日から伸ばし合いの展開となった。

今回でツアー7勝目のキムは、マッチプレーを除く6勝のうち、5回が2桁アンダーでの勝利だ。2016年「JTBCファウンダーズカップ」での27アンダーは、これまでのツアー記録(01年「スタンダードレジスター ピン」のアニカ・ソレンスタムとタイ)だった。がまんのし合いより、伸ばし合いに強い選手なのは間違いない。

「アニカとタイになった後、新しい目標ができた。記録を破りたいと思ってやってきた」。一人旅となる中、キムは記録更新を見据えてプレー。最終的に後続を9打引き離した驚異的なスコアは、スタッツからも裏付けられる。

4日間の平均飛距離は274.88ydとトップクラスだが、フェアウェイをとらえたのはパー3を除く56ホール中43ホール。これは2位のカルロタ・シガンダ(スペイン)や3位タイのエマ・タリーより劣る。

一方で、パーオンを逃したのは72ホールのうち5ホールだけだ。1ラウンドの平均パット数は「28.75」と好調だった。この結果、1つのイーグルと31個のバーディを量産した。31バーディはツアー新記録となった。スコアを落としたのは2日目の17番(パー3)のダブルボギーだけで、キムは「ミスショットはその1回だけだった。クレージーだわ」と笑った。

<キム・セヨンが達成したツアー記録>
・72ホールの最多アンダーパー
31アンダー(4打更新)
・72ホールの最少ストローク
257(1打更新)
・54ホールの最多アンダーパータイ
24アンダー
・72ホールのバーディとイーグルの合計
32個(2個更新、バーディ数31も新記録)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ソーンベリークリークLPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。