ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 全米女子オープン
期間:07/13〜07/16 場所:トランプナショナルGCベドミンスター(ニュージャージー州)

「伸ばせそうで伸ばせない」宮里藍、最後の全米は残り18ホール

2017/07/16 08:50


◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 3日目(15日)◇トランプナショナルGCベドミンスター(ニュージャージー州)◇6687yd(パー72)

決勝ラウンドに入った3日目も“爆発”というわけにはいかなかった。通算1オーバーからスタートした宮里藍は、1バーディ、2ボギーの「73」で通算2オーバー。順位は41位から36位へと上がったが、首位とは10打差で最後の18ホールに挑む。

「毎日似たような内容で、やっぱりなかなかグリーンでパットが決まってくれないので、きょうも伸ばせそうで伸ばせなかった」と唇をかむ。この日も30パットで、3日間合計は「88」。チャンスを決めきれず、グリーン上で苦笑いを浮かべる場面が繰り返された。

それでも、この日のラウンド途中で、芝目を気にし過ぎてラインを厚く読んでいたことに気付き修正。「中盤は流れが良かった。ちょっと遅いけど、あと1日あるときに気付いて良かった」と、ポジティブな要素もある。

自身最後の全米女子オープンは残り18ホールとなった。だが、宮里は感傷を否定する。「不思議なもので、そういう思いは全然ない。本当に今までたくさんやりきった部分はあるんだなという感じ。あすの結果はどうであれ、まったく悔いは残らないと思う」。

思い起こせば、2008年に現役を引退したアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)は、最後となったインターラチェンCCでの全米女子オープンで、最終ホールを劇的なイーグルで締めくくった

「イーブンからアンダーパーで終わりたい。そこを目指して頑張りたい」と、目標に真摯に向き合う宮里。どんなフィナーレが待っているのだろう。(ニュージャージー州ベドミンスター/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには三ヶ島かなプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!