ニュース

米国女子KPMG女子PGA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2017年 KPMG女子PGA選手権
期間:06/29〜07/02 オリンピックフィールズCC(イリノイ州)

リラックス調整と無欲の攻め 宮里藍は納得の「67」

2017/07/02 07:24


◇海外女子メジャー第2戦◇KPMG女子PGA選手権 3日目(1日)◇オリンピアフィールズCC(イリノイ州)◇6588yd(パー71)

2オーバーの62位タイから出た宮里藍は6バーディ、2ボギーの「67」をマークし、通算2アンダーの27位タイに浮上した。全体の3組目と朝早いスタートで、バーディラッシュを披露。「攻める気持ちを18ホール保てた」とムービングデーに求められるプレーを展開した。

早朝の恵まれたコンディションを宮里は存分に生かした。7mの大きなスライスラインを伝わせてバーディを奪った5番で勢いづき、6番(パー5)を3オン1パットとして2連続。「難しい5番ホールでうまく弾みがついた。パー5の前にバーディが来ると、攻めやすくなる」。8番では、奥に切られたピンを果敢に攻めてバーディを重ねた。

「トリッキーで難しい」という前半アウトで3つ伸ばし、10番ではUTでピンそば4mにつけた第2打を生かしてガッツポーズ。風が吹き始めた後半は14番、15番で3m以内のチャンスを逃し、「微妙なスネークラインで、芝目もあって難しかった。ちょっとイライラする感じもあった」という。それでも、「まだ難しいホールが残っていたので自分をうまくコントロールできた」とすぐにフラストレーションを消化し、最終18番(パー5)を6つ目のバーディとしてフィニッシュした。

「67」は、昨年「ANAインスピレーション」初日に並ぶ2014年以降のメジャーでのベストスコア。前日コースを出たのは午後8時で、この日は午前7時過ぎのティタイムとなり、準備時間は短かったが、調整はこれまでと少し違ってリラックスモードだったという。

「あまりストレスにならないよう“自由に”寝た感じ。すごく早く就寝したわけではなく、11時くらいに寝て朝は4時起き。メジャーだといつもトレーナーさんがいて、ケアをしてもらってきたが(今回は帯同せず)『あれをしなきゃ』、『これをしなきゃ』というのをナシにして、食べたいときに食べて、気持ちを少しリリースできたのが良かったです」

最終日は8月の「全英リコー女子オープン」(スコットランド・キングスバーンGL)の出場権獲得に向けて、少しでも多く賞金を積み重ねたいところ。「きょうは無欲で回れたのが良かったと思う。最後のLPGAチャンピオンシップを楽しみたい」と、鮮やかな4日間の締めくくりを狙う。(イリノイ州オリンピアフィールズ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 KPMG女子PGA選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。