ニュース

米国女子フボンLPGA台湾選手権の最新ゴルフニュースをお届け

風への対応が課題 横峯さくらと宮里美香は14位で終える

◇米国女子◇フボンLPGA台湾選手権 最終日(9日)◇ミラマーG&CC(台湾)◇パー72)

アジアシリーズ第2戦は天候が日替わりとなり、同じコースが大きく表情を変えた。強風と雨に見舞われたこの日、4人の日本勢はすべて、スコアを伸ばせなかった。好天に恵まれた3日目に6位に浮上した横峯さくらは「75」をたたき、通算4アンダーの14位。12位から出た宮里美香も「73」と振るわず、横峯と並んで終えた。

<< 下に続く >>

横峯は2バーディ、5ボギーでホールアウト。「風でボールが流された。4日間の中で一番タフだった」と振り返った。天候が穏やかだった初日は「67」の5アンダーをマーク。同様に風の吹かなかった3日目も「67」としたが、荒天だった2日目と最終日はともに「75」をたたき、日本にいた当時から苦手と口にしてきた、風への対応力が課題として残る結果となった。

それでも「久しぶりに4日間を通して復調のきっかけになるラウンドができた。もっと上に行きたい気持ちは強かったが、いまの私の実力ではこれくらい。ショットが安定してきたのは弾みになるのかな」と前を向いた。

一方の宮里は3バーディ、4ボギー。横峯と同様、2日目と最終日にスコアを落とした。「毎日天候が変わるので、同じコースを回っているのかな?と感じた。最後(の18番で)フックラインをしっかり読めて気持ち良く打てて、バーディで終われてなんとか…」と息を吐いた。

10日は27歳の誕生日。「米国に来て今年で8年目。こんなに長く続けられると思っていなかった。本当にあっという間に1年が過ぎる。強い選手でありたいし、女性磨きもがんばりたい」と話した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 フボンLPGA台湾選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!