ニュース

米国女子KPMG女子PGA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 KPMG女子PGA選手権
期間:06/09〜06/12 サハリーCC(ワシントン州)

「一番大事なのは安定感」リディア・コー、メジャー3連勝に挑む

米国女子メジャーの今季第2戦「KPMG女子PGA選手権」3日目を終えて、通算2アンダーの単独首位に立ったのは世界ランク1位のリディア・コー(ニュージーランド)。昨年の「ザ・エビアン選手権」、今年3月の「ANAインスピレーション」に続く、メジャー大会3連勝に前進した。

コーは「私にとっては“安定感”が一番大事」と断言する。「今週はまず、何があっても4日間プレーすることを目標にした。それから、週末に自分自身を良い位置につけること。今年はメジャー5試合のうち2勝する!と言っても、ちょっと現実的ではない。数字は数字でしかないし、できることはベストを尽くすことだけだから」。

ツアー12勝(うちメジャー2勝)を誇るコーだが、メジャー大会最終日をトップで迎えるのは初めて。大きなヒマラヤ杉でセパレートされたホールが続くサハリーCCでの戦いは「クリエイティブになる必要がある。フェアウェイにいても、間違った場所に置いたらフェードやドローを打たないといけなくなる。ここはそういうプレーを要求されるコース」と語った。

1打差でコーに続くのは、ブリタニー・リンシコムジェリーナ・ピラーの2人。

メジャー2勝のリンシコムは「リードするより、追いかける方が楽。とても良い位置にいると思う。明日もリディアとプレーすることになりそうだけど、とても楽しみ。彼女のお母さんがたくさんの食べ物を用意してくれるので、今日はずっと彼女の物を食べていた気がする」と、コーと同組で回ったこの日のラウンドを振り返り笑顔を見せた。1ラウンド5時間半は掛かる長丁場のメジャーセッティングだが、リンシコムにとって食事の心配はなさそうだ。

一方のピラーはツアー未勝利ながらも、今季はトップ10入りが7回。2位1回、3位2回と初優勝に迫っている。「今は昔よりも気持ち良くできている。ボードの上の方に自分の名前を見つけても快適」と、ブレークスルーの瞬間を待っている。(ワシントン州サマミッシュ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 KPMG女子PGA選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには山戸未夢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。