ニュース

米国女子全英リコー女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 全英リコー女子オープン
期間:07/30〜08/02 ターンベリー(スコットランド)

大山志保 惜敗全米に続き「初日は100点」

スコットランド西部のターンベリーで開幕した「全英リコー女子オープン」初日。大山志保が「68」をマークして4アンダーの6位タイでスタートした。3週前の「全米女子オープン」では惜敗の5位フィニッシュ。メジャーで再び絶好の滑り出しを見せた。

多くの選手が歓迎した穏やかな天候。それでも大山には「もっと風が吹けばいいのに」と、口笛を吹きたくなるほどの余裕があった。序盤はパーが並び、ティショットを右の崖下に落とした6番(パー3)から2連続ボギーが先行したが、心の動揺はなかったという。

ターンベリーのシンボルである灯台を望む9番で、3mを沈めて最初のバーディ。7割ほどのスイングでラインを出すコントロールショットが冴えた。「きのうの練習の後半にやっとつかんで。体に一体感を持たせて打つことができ始めた。全米の時よりもいい」。パーオンに失敗したのは前半の3ホールだけ。風に動じない強いボールをピンに絡め、13番からさらにバーディを3つ重ねた。

優勝争いを演じながら、サンデーバックナインで失速した全米女子オープンで学んだのは「平常心」の大切さ。「いくらバーディを獲っても平常心で。自分のルーティンを繰り返すだけ」。その心がけは終盤に“ボーナス”を呼び込んだ。

17番(パー5)、この日唯一「高さを出した」1Wショットはフォローの風に乗ってロングドライブ。「行けー!じゃなくて、止まれー!と思ってしまった」という本人ビックリの300yd越えショットが飛び出した。残りは158yd、8Iで2オンに成功すると、7mをジャストタッチで沈めて会心のイーグルを奪取。「イーグルは今年、日本でも1回だけ。メジャーで獲れたなんて最高です。ガッツポーズも、なんだか弱々しくなっちゃって…」

「スイスイ回れて好き」という早朝6時30分のトップスタートの組は、同伴競技者のモーガン・プレッセルがアルバトロスを達成し狂喜乱舞。もうひとりグラディス・ノセラ(フランス)も、喜ぶときも、怒るときもリアクションが派手だった。「2人ともガッツあるというか…すごかった…2人とも、すごかった…」と圧倒されそうな雰囲気にも、いまの大山には無邪気に笑い飛ばせる落ち着きがある。

「2日目がやっぱり勝負」と、つとめて冷静に言った。雨風に吹かれるリンクスの“本番”はまだ味わっていない。なんといっても、天気予報では空は次第に荒れ模様。「全米の時も初日は100点だった。だから2日目からは新たな気持ちで。イチからスタートをする感じでプレーしたい」。その先に、リベンジのチャンスがきっと待っている。(スコットランド・ターンベリー/桂川洋一)

関連リンク

2015年 全英リコー女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには脇元華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~