ニュース

米国女子ホンダ LPGAタイランドの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 ホンダ LPGAタイランド
期間:02/26〜03/01 サイアムCCオールドコース(タイ)

藍「感じることが大事」 失敗に見せた笑顔の意味

2015/02/28 20:09


米国女子ツアー今季4戦目の「ホンダLPGAタイランド」3日目、宮里藍は3バーディ、3ボギーの「72」。通算2オーバーのスコアは変わらず、順位は51位から50位へとわずかに上がった。

この日、いや、今の宮里を象徴していたのは7番(パー5)でのプレーだ。ティが前に出され、フォローの風も相まって宮里は2オンに成功する。ピンはグリーン奥に切られており、宮里のファーストパットは段の下から約10m。だが、そのファーストパットはグリーンをオーバーして奧のラフまで達し、一度ウェッジに持ち替えてアプローチをしてから、パーセーブ。「笑うしかなかったです」と振り返った。

伏線は5番にあった。このホールのパーパットを外した宮里は「バハマからトライしていたヘッドアップがある」と感じたという。6番でそのことを意識するとストロークが改善した。続く7番では「気持ち良くストロークし過ぎて、スピードを忘れてしまった」ということだ。

昨年、パッティングに苦しんだ宮里は今シーズン開幕からパターを変え、心の整理もつけたことで、パットのフィーリングは確実に戻りつつある。「しっかり狙えるというフィーリングになっていること自体、すごく早い段階でここまで来られている(ことの証明)と思う。(昨年末と比べると)天国と地獄です」。

好調時は「ストロークも、リズムも、スピードも考えない。感性だけでプレーができた」が、今は無意識でできていたことを、意識的に再現している。「今はその段階を踏んでいる最中。自分の中で、ストロークがしっくりできたか、できなかったかが問題なので、今はいいやと割り切れる」。7番で見せた笑みも、その割り切りがあったからだ。

「あとどれくらいかかるかは分からないけど、そこはあまりストレスに考えずにやっていきたい。今、やれていることにしっかり手応えを感じることが大事。急いでしまうと後戻りしてしまうので」。外からは見えにくい心の内側を、宮里は1人静かに歩いていく。(タイ・チョンブリ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 ホンダ LPGAタイランド




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには中山綾香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
2019年 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年にお伝えしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。 歴史的快挙が続いた1年間をランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。