ニュース

米国女子ピュアシルク バハマ LPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 ピュアシルク バハマ LPGAクラシック
期間:02/05〜02/08 オーシャンクラブゴルフコース(バハマ)

横峯さくら 初バーディも…2日目は31ホールの長丁場に

2015/02/06 10:21


シーズン開幕から1週間遅れで迎えた、横峯さくらの今季初戦「ピュアシルク バハマ LPGAクラシック」。その初日は悪天候に祟られ、わずか5ホールを消化した時点でコースコンディション不良によりサスペンデッドになった。1バーディ、1ボギーのイーブンパー、暫定65位。第1ラウンドの再開は明日の午前8時を予定している。

最終組に組み込まれた横峯は、まだ青空がのぞく午後1時に10番ティからスタート。強いアゲンストの風が吹く中、ドライバーで打ったオープニングショットは引っかけて左のラフに入れ、2打目はグリーンをショート。1.5mのパーパットを沈め、「ふーっ」と深い息をついた。

初バーディは、フェアウェイからの2打目をピン右1.5mに絡めた13番。しかし、直後の14番ではフェアウェイからグリーン左に外し、2mのパーパットを外してイーブンパーに逆戻り。続く15番(パー5)では2打目をグリーン手前30yd地点まで運ぶが、アプローチをダフってグリーンをショート。1.5mのパーパットを外したところで、急に横殴りの雨が降り始め、約1時間15分の中断を経てサスペンデッドとなった。

「最後までやりたかったですね」と足早にコースを後にした横峯。明日の2日目は、第1ラウンドの残りと合わせて計31ホールの長丁場の戦いとなる。(バハマ国ナッソー/塚田達也)

関連リンク

2015年 ピュアシルク バハマ LPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~