ニュース

米国女子インターナショナルクラウンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 インターナショナルクラウン
期間:07/24〜07/27 ケイブスバレーGC(メリーランド州)

ヤニ・ツェン復活か?台湾が第1シード米国に2勝

2014/07/25 09:33

8カ国の代表が世界一の座を懸けて争う「インターナショナルクラウン」の初日、第8シードの台湾が、第1シードのアメリカを相手にフォアボール・マッチプレーで2勝を挙げる番狂わせを演出した。

いち早く勝利を決めたのは、キャンディー・クンとテレサー・ルー組。ポーラ・クリーマークリスティ・カー組を相手に4&3と早々に2ポイントを獲得。そしてもう1試合は元世界ランク1位のヤニ・ツェンとフェービー・ヤオ組に現世界ランク1位のステーシー・ルイスとレクシー・トンプソンが激突した。

終始、押し気味に試合を進めていた台湾組だったが、16番で追いつかれてオールスクエアで迎えた最終18番。残り186ヤードを5Iでピンそば4メートルにつけたヤニが、このバーディパットを沈めて1アップで劇的な勝利を掴んだ。

「あのパットを決めたとき、手が震えていた。最後に手が震えたのは、ロイヤルバークデールで勝ったとき(2010年)だから、ずいぶん長い時間が経っている」と、ヤニは感慨深げに振り返った。

「昔のヤニが戻ってきたように感じた。国のため、チームメイトのために戦うのは、自分自身のために戦うよりもモチベーションが高くなる。この試合が、残りの人生のターニングポイントになってくれればいいと思う」。

この日は、かつて見慣れた、はにかんだ笑顔をまとって18ホールをプレー。かつて世界トップに君臨した眠れるヤニが、ようやく目を覚ましたようだ。(メリーランド州オーウィングスミルズ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 インターナショナルクラウン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには今綾奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。