ニュース

米国女子全英リコー女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全英リコー女子オープン
期間:07/10〜07/13 場所:ロイヤルバークデールGC(イギリス)

シンプルな攻め 上原彩子が首位発進

イングランドにあるロイヤルバークデールGCで開幕した海外メジャー「全英リコー女子オープン」初日、5バーディ1ボギーの「68」で回った上原彩子が4アンダーで単独首位に立った。

ポッドバンカーが散りばめられた狭いフェアウェイの両脇には深いラフが待ち受けるが、上原の武器は曲がらないティショット。14ホール中13ホールはドライバーでティショットを打ち、フェアウェイを外したのは1度だけ。同組で回った世界ランク1位のステーシー・ルイスに飛距離で差をつけられても、上原は自分の攻めを貫いた。

<< 下に続く >>

6番(パー5)はレイアップした3打目をピンそば1メートルにぴたりとつけて2個目のバーディ奪取。15番(パー5)、17番(パー5)と決めることは出来なかったが、刻んでバーディチャンスを演出した。一転、18番(パー5)は残り214ヤードの2打目を4Wでグリーンを捉え、2パットのバーディフィニッシュ。「良いジャッジができたし、今日1日やるべきことは出来たと思う」と満足げに振り返った。

課題としていたパッティングも、今大会の練習日にコースでデモンストレーションをしていた業者の機械を使って細かい数値を計測し、球がインパクト後に順回転で転がり出すまでの距離を理想値へと近づけることで「安定して転がるようになった」と改善した。

「最初に測ったときは、13って数字だったんです。でも、理想は10だよって言われたので、少しハンドファーストにして、ハンドダウン気味だったのも、少しハンドアップに直しました」。数字の単位はセンチなのか、インチなのか。そこまで気にしなかったのは、沖縄県民の上原らしいおおらかさ。それでも、5番で5メートル、12番(パー3)で4メートルと微妙な距離のバーディパットが決まれば、それ以上望むこともないだろう。

球の高低を打ち分けたり、ティショットのクラブ選択で頭を悩ませたりする選手が多い中で、シンプルに自分のやるべきこと、出来ることに集中する上原のプレーが印象的だ。「あと3ラウンド、いろんな天気があると思うけど良い判断をして頑張りたい」。情報の取捨選択が、リンクスで必要な“余力”を生んでいるといえそうだ。(英国サウスポート/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全英リコー女子オープン

RICOH THETAで、今までにない新しい映像体験を。

RICOH THETAで、今までにない新しい映像体験を。
・1回のシャッターで、あなたを取り囲む全ての景色を簡単に撮影することができます。
・携帯性にこだわり、重さわずか約95gの超小型、軽量ボディを実現。 気軽に好きな場所へ持ち歩き、全天球イメージの撮影を楽しむことができます。
・RICOH THETAと無線で接続したスマートフォン(※)のGPS情報を使って、全天球イメージに記録が可能。 位置情報を活用することで、撮影した全天球イメージの楽しみが広がります。



特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!