ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米女子オープン
期間:06/19〜06/22 場所:パインハーストNO.2(ノースカロライナ州)

29歳誕生日の宮里藍、パットに苦しみ後半に乱れ

今季の海外女子メジャー第2戦「全米女子オープン」が20日(木)、ノースカロライナ州のパインハーストNo.2で開幕。宮里藍は午前中のプレーで第1ラウンドを完了したが、7ボギーの「77」で7オーバー暫定102位タイと出遅れた。

自身10度目の「全米女子オープン」初日を29歳の誕生日に迎えた宮里。早朝のスタートから、時間の経過とともに気温がぐっと上がる猛暑の中、前半はクールにパーを拾い続けた。11番で2メートル、15番で4メートルをねじ込み、17番(パー3)では、2打目でグリーン奥から上って下るラインを、難なくパターで寄せてパーセーブ。前週同コースで開催された「全米オープン」に出場し、この日は各選手のプレーを観戦した松山英樹も、惜しみない拍手を送った。

ところが宮里自身の心配は、このパッティングにこそあった。「終盤というか全体的に3~4メートルのパーパットが決まらなかった。内容はそんなに悪くなかったし、コースマネジメントもしっかりできていた」と言う。「フロントナイン(アウトコース)の方が読みにくい」という後半は1番から2連続、6番からは4連続ボギーフィニッシュ。

「狙ったところに打てているのに、入らないのは読みのせい。キャディと意見が一致しているのに入らない。その辺の話をして、ストレスが無いように調整したい」と、巻き返しにはグリーン上でのプレー精度の向上が急務となった。(ノースカロライナ週パインハースト/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには三ヶ島かなプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!