ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 全米女子オープン
期間:07/03〜07/06 場所:パンプキンリッジGC(オレゴン州)

ニューヒロイン、ヒラリー・ランキとは?

無名に近い、ヒラリー・ランキの全米女子オープン優勝はまさにシンデレラストーリー。「全米女子オープン」史上初めて、優勝者が地区予選から勝ちあがってきた選手であった。スタンフォード大学出身のヒラリーは昨年11月にキャディと結婚。以前はヒラリー・ホーマイヤーの名前でアマチュアのタイトルの数々の常連だった。7度の「全米女子アマチュア選手権」に出場。2001年には準々決勝にまで駒を進めた。スタンフォード時代には4年間を通じて「オールアメリカン」に選ばれ、1997年に大会最年少として初の「全米女子オープン」に出場している。初日に84の大叩きをして予選落ちとなったが、2000年には予選を突破、56位に終わっていた。2001年にプロ転向したヒラリーは2002年のシード権をQスクールを突破して獲得。2002年も同様に、Qスクールを17位で突破し、2003年のシード権を得た。今季は12試合中5度の予選通過のみ。うちトップ20入りは一つもなかったのだ。

ヒラリー・ランキ
「スーパーショットがなくても、良いパーセーブの方が、精神的に落ち着きを取り戻せると思う。最初の数ホールは苦戦していて、グリーンをぜんぜん捉えられてなかった。最近スイング改造をしていて、まだ納得のいく状態でないからなの。自分の今の状態で毎回グリーンを捉えられるなんて思っていないから、反対に自分の得意とするパットとショートゲームに全てをかけていた」

◇過去30年間で「全米女子オープン」が米国女子ツアー初優勝となった選手
2003年:ヒラリー・ランキ、1995年:アニカ・ソレンスタム、1988年:リサロッテ・ノイマン、1987年:ローラ・デービス、1986年:ジェーン・ゲデス、1985年:キャシー・ベイカー=グアダグニーノ、1982年:ジャネット・アレックス=アンダーソン、1979年:ジェリリン・ブリッツ

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!