ニュース

米国女子ウェグマンズLPGAチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ウェグマンズLPGAチャンピオンシップ
期間:06/23〜06/26 ローキャストヒルCC(ニューヨーク州)

この日もパットに苦しみ、美香は一歩後退

2011/06/25 10:19


「ウェグマンズLPGAチャンピオンシップ」2日目、10番からスタートした宮里美香は、チャンスは決まらず、ピンチはしのぐという重苦しいゴルフでパーを積み重ねる。16番では8mほどのバーディパットがカップに沈むかに見えたが、飛び出してしまい、宮里は思わずグリーン上で膝をついた。

折り返した1番、2番と共にショットを1m強に寄せて連続バーディとし、そのまま伸ばしていきたいところだったが、続く3番でチャンスを外して流れを断ち切ってしまう。4番をボギーとすると、8番は1.5mのバーディパットを決められず、最終9番はアプローチを1mに寄せるもこれを外してボギーフィニッシュ。この日は2バーディ2ボギーとスコアを伸ばせず、通算イーブンパーの38位タイと前日から少し順位を落としてしまった。

「今日はほんとうにイライラしました」と宮里。「ショットは昨日よりぶれていたけど、本当にパットが入らなかったです」とため息をつく。「2日続けてこうなるのは、何かがあるということだと思う。昨日は練習できなかったので、しっかり練習したいです」と、修正点を探すのに懸命だ。

とはいえ、首位と8打差で決勝ラウンドに進出し、残り2日の内容次第では上位に食い込むことも可能。「パット、パット、パットと言い続けているからこうなるのかな・・・。入れたいけど、開き直ってゴルフをしようと思います」と、最後は自らに言い聞かせるように気持ちを切り替えていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ウェグマンズLPGAチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。