ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:03/25〜03/28 場所:ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

メジャー制覇が見えてきた!M.ウィほか上位陣にインタビュー

クラフトナビスコ選手権 3日目

ミッシェル・ウィ(4位タイ・-6)
「今日はノーボギーです。メジャーでノーボギーって凄いでしょ?でもパットがもうちょっと良ければもっと良かったのに。プレッシャーはぜんぜん感じていません。すごく楽しいし、明日も楽しみたいです。優勝するなんてことは想像つきませんよ」

グレース朴(首位タイ・-8)
「全てが簡単に感じて今日は楽しいゴルフだった。一番の要因は、ティショット。前は右へ左へとフェアウェイキープが苦手な私だったけど、ナイキのイグナイトになってから球筋はまっすぐ。でもミッシェル・ウィになんどもオーバードライブされていたけれど。昨年は予選落ちしましたが、経験が効いているのでしょう、3日目を首位タイで終われて嬉しい。メジャーで最終日に最終組という経験がないから、どんな心境になるか想像がつきません。でも自信はありますし、楽しみながら前向きにプレーしたいです」

アーリー・ソン(首位タイ・-8)
「今日の内容には満足してます。スウィングもパットもしっくりきています。すべての決めたいパットを決められているわけではありませんが、パットの自信が増しています。最終日を最終組でラウンドしますが、自分の調子が良いので安心しています」

ジャン・ヤン・リー(3位・-7)
「全体的に満足していますが、とくに前半ハーフは考えていた通りに事が運んで嬉しかったです。バックナインでは力が入りすぎてしまったのですね。痛いダブルボギーを叩いてしまいました。でもメジャーだからといってプレッシャーを感じているということはありません」

カリー・ウェブ(4位タイ・-6)
「パットが思うほど決まりませんでしたが、今日のプレーには満足しています。昔ほどではありませんが、自信をもってプレーできています。それに以前の優勝経験が自分に自信を与えてくれています」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!