ニュース

米国女子LPGAドライブオン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2023年 LPGAドライブオン選手権
期間:03/23〜03/26 場所:スーパースティション・マウンテンGC(アリゾナ州)

いっぱい来てくれて楽しいけれど… 渋野日向子「きょうのラウンドは悔しい」

◇米国女子◇LPGAドライブオン選手権 初日(23日)◇スーパースティションマウンテンGC(アリゾナ州)◇6526yd(パー72)

チャンスにつけても、なかなか思うように沈んでくれないパット――。渋野日向子は空を見上げて悔しさを募らせた。午後組でスタートした大会初日は3バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「74」。2オーバー暫定126位と出遅れた。「暖かかったし、朝起きてから時間が経ったのもあってよく動けていたから、練習ラウンドより10ydぐらいは飛ぶとジャッジできたのは間違っていなかったけど…それ以前の問題かな」

<< 下に続く >>

出だし10番をバーディで滑り出し、13番(パー5)をボギーにしたものの14番でバーディを獲り返して序盤は順調だった。流れを大きく変えたのは15番のOB。左側にブッシュ、右側にバンカーが構える中で「左からの風だったのもあってちょっと嫌がってしまった」とティショットを大きく右に曲げた。「その一発が心に来ました」とショットのタイミングとスイングがかみ合わなくなった。

後半は4番(パー3)で6Iでのティショットがピン右手前3mについてバーディを奪取したが、3番と5番はパーパットがいずれもカップ横を通り過ぎて入らず。2.5mのチャンスにつけた7番(パー5)、9番も決め切れなかった。「最後のバーディパットだけは良かったけど、引っ掛けて左に外したりと自分のヒットミスが多かった。グリーン上も苦戦してすごく残念」と振り返った。

今季から新たに同学年の勝みなみ西村優菜が米ツアーメンバーに加わり、「楽しい」と笑顔を見せる一方で、「いっぱい来てくれて自分も頑張らんとないう熱い思いがあるから、きょうのラウンドはめちゃくちゃ悔しい」と唇をかんだ。

米ツアーでは今大会からカットラインが65位タイに引き上げられた。現状は2アンダー。「あしたは上に行くしかない。しっかり攻めるところは攻めていきたいです」と挽回を誓った。2日目は午前8時6分(日本時間25日午前0時6分)に1番からティオフする。(アリゾナ州ゴールドキャニオン/石井操)

関連リンク

2023年 LPGAドライブオン選手権



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!