ニュース

米国女子女子ワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 女子ワールドカップ
期間:01/19〜01/21 場所:ゲーリープレーヤーCC(南アフリカ)

ハードスケジュールの中、プロアマ戦で最後の調整

17日(水)の練習ラウンド後、オープニングセレモニーに出席した諸見里しのぶ上田桃子。選手や関係者らが一堂に集ったセレモニーは夜の10時過ぎにまで及んだ。そして翌18日(木)は、プロアマ戦に参加。上田が7時10分、諸見里が7時20分という早いスタート時間が割り当てられ、2人とも睡眠不足で眠い目をこすりながらのプレーとなった。

この日のプロアマ戦は、プロとアマチュアを含めたスクランブル方式(全員がティショットを打ち、最もポジションの良いボールを選択。全員がその地点からプレーでき、これをホールアウトまで繰り返す)。通常はプロのボールがベストボールに採用されることが多いが、同組のアマチュアが諸見里もびっくりするほどの上級者。諸見里のボールはあまり採用されず、本戦を想定した効果的な練習はできなかったように見受けられた。

<< 下に続く >>

一方の上田の組のアマチュアはレベルがそれほど高くなかったようで、プレータイムは掛かるものの、上田のショットが数多く採用されていたようだ。

コースで練習できるチャンスはこの日が最後。体調に十分配慮し、万全の体制で明日の初日に臨んでほしい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 女子ワールドカップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!