ニュース

米国女子AIG女子オープン(全英女子)の最新ゴルフニュースをお届け

2022年 AIG女子オープン(全英女子)
期間:08/04〜08/07 場所:ミュアフィールド(スコットランド)

「予選落ちのことを考えてしまう自分がいた」 渋野日向子は4打差7位で週末へ

2022/08/06 05:44


◇女子メジャー第5戦◇AIG女子オープン(全英女子オープン) 2日目(5日)◇ミュアフィールド (スコットランド)◇6649yd(パー71)

首位に立った初日ですら、悪いイメージが頭の隅から離れない。「悪いスコアを出していたので、その時のことを忘れたくても忘れられない」。7位での予選通過に、渋野日向子の肩から少しだけ力が抜けた。

<< 下に続く >>

「きのう一番上にいたとて、予選落ちのことを考えてしまう自分はいた」と、初日に「65」をマークしてトップに立ったからこそ不安はふくれる。毎日良いスコアが続かないことは自分が一番分かっていた。

3月の「シェブロン選手権」では、2日目を「66」で回って単独首位。決勝ラウンドは「77」、「66」と3日目に崩れて4位フィニッシュだった。今季は70台後半や「80」と、スコアを崩すラウンドも少なくない。2週前の「アムンディ エビアン選手権」は、通算9オーバーとリーダーボードの下位に沈んで予選落ちだった。

後を引く苦い思いを抱えながら、「ゴルフは日替わりだよな」と気持ちを落ち着ける。風の強まる午後スタートは初日のようにはいかなかったが、ボギー発進から崩れず2番で2mを決めてパーを拾う。その後も粘りを見せて1バーディ、2ボギーの「73」でホールアウト。「落としてもおかしくないようなホールはたくさんあったので、よく耐えた」と振り返った。

首位と4打差の通算4アンダー7位で進んだ決勝ラウンド。予選通過は6月「ショップライトLPGAクラシック」以来、4日間大会で週末を迎えるのは4月の「DIOインプラントLAオープン」以来だった。

「本当、いつぶり? うれしいですね」と表情が緩む。不安がまだ完全に消えたわけではないが、「少しは変われたからこそ、この位置にいるのかな」と笑顔を見せた。(スコットランド・ガレイン/谷口愛純)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 AIG女子オープン(全英女子)




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!