ニュース

米国女子DIOインプラントLAオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2022年 DIOインプラントLAオープン
期間:04/21〜04/24 場所:ウィルシャーCC(カリフォルニア州)

「ボール1個分」で激変 畑岡奈紗が首位浮上

2022/04/23 12:51


◇米国女子◇DIOインプラントLAオープン 2日目(22日)◇ウィルシャーCC (カリフォルニア州)◇6447yd(パー71)

悩み続けていた暗い道に日が差し込んだ。前半16番、7Iでの2打目。畑岡奈紗はそれまでのホールよりも「ボール1個分」、球に近づいてアドレスした。放たれたショットはピンの奥へ。8mのパットを残すことになったが、「今までは(狙い通りの)距離が出なかったので、長いクラブで合わせていた。アゲンストの風でも7Iの距離が出ていた」と、つかんだ手応えは大きかった。

<< 下に続く >>

初日を4アンダーの2位で終えても、スイングがしっくり来ず、この日もアドレス時のボール位置を変えるなど試行錯誤して「不安は大きかった」ままティオフ。出だしの10番で1Wショットを右に曲げボギーをたたいた。13番(パー5)でバーディを取り返したが、14番から2連続ボギー。スコアを2つ落として迎えたのが、16番だった。

「上からクラブがちゃんと入って距離もしっかり出た」という久々のフィーリング。バーディパットも沈めてみせると、その後は畑岡らしいチャージを開始した。続く17番もピン右3mにつけて連続バーディ。圧巻は日没が迫り、気温がぐっと下がった上がり3ホールだ。

7番(パー3)、ロフト50度のウェッジでの第1打はピンそば50㎝にピタリ。8番では9Iのコントロールショットで3mをとらえた。「思っていたよりもグリーンを読めている」。最終9番では7mを強気に沈めて3連続バーディフィニッシュ。「この風だったので、きょうはイーブンパーでも悪くないと思ってスタートした。最後の3連続でアンダーパーにできたのは大きかった」と7バーディ、4ボギーの「68」に胸を張った。

これまでの苦労が、1つのホール、1つのショットで実を結んだ。直近でこれほど確かな手応えがあったのは「去年のCMEくらい」。昨年11月のシーズン最終戦以来、2022年になって初めてと言える感触だという。

「まさかこんな位置でいられると思っていなかった」と言うのは、予選を終えた段階での首位のポジション。世界ランキング1位のコ・ジンヨン(韓国)と並ぶ通算7アンダーにいる。「良くなってきているので、自信を持ってできたら」。今季初勝利への欲と期待が湧いてきた。(カリフォルニア州ロサンゼルス/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 DIOインプラントLAオープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!