ニュース

米国女子ゲインブリッジLPGAの最新ゴルフニュースをお届け

2022年 ゲインブリッジLPGA
期間:01/27〜01/30 場所:ボカリオGC(フロリダ州)

「どんなトレーニングを?」 笹生優花の“ルーツ”にモーガン・プレッセルも興味

◇米国女子◇ゲインブリッジLPGA at ボカリオ 事前(26日)◇ボカリオGC (フロリダ州)◇6701yd(パー72)

大会前日のプロアマ戦をプレーしていた笹生優花を熱心に“取材”していたのは、かつて18歳10カ月で2007年「クラフトナビスコチャンピオンシップ」(現シェブロン選手権)を制して当時のメジャー最年少優勝記録を樹立したモーガン・プレッセル

<< 下に続く >>

ゴルフチャンネルやNBCでアナリストやラウンドリポーターとしての活躍も見せるようになってきた33歳は、幼少期のトレーニングなどについて同行している父・正和さんらを質問攻めにした。

常々「すごくいい経験ができていると思います。先輩プロから勉強させてもらって、本当に良い数カ月になっている」と話す笹生本人も、数少ない10代でのメジャー優勝経験者との出会いを喜ぶ。

「そうやってすごい選手と話せるチャンスがあるのも、米国のツアーに出ているから。そういう機会があるときは、リスペクトの気持ちを持って少しでも話ができればと思っています。モーガンさんもこのコースでプレーされていたので、アドバイスをもらったりしました。本当に貴重な時間でした」と笑顔で振り返る。

前週開幕戦は6位でフィニッシュ。同じフロリダ州のバミューダ芝でも種類は異なるコースでの2戦目となる。「先週みたいなゴルフはできない。コースに慣れてアジャストしていけたらなと思います。特に何かを変えようとは思っていないですし、いつも通り良いリズムで良いゴルフができるように」。米国で初めてのフルシーズン参戦の日々を楽しむ一方、ゴルフへの向き合い方は変わらず落ち着いている。(フロリダ州ボカラトン/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 ゲインブリッジLPGA




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには吉本ここねプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!