ニュース

米国女子ウォルマート NW アーカンソー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

圧巻のイーグルフィニッシュ 笹生優花の1カ月ぶり実戦は4位

2021/09/27 10:20


◇米国女子◇ウォルマート NW アーカンソー選手権 最終日(26日)◇ピナクルCC(アーカンソー州)◇6438yd(パー71)

1カ月ぶりの実戦機会は試合勘を取り戻したり、新しいクラブに慣れたりと、コンディションを確かめる目的が色濃いはずだった。笹生優花は7月「AIG女子オープン」(全英女子)以来の出場試合で週末に続けて「65」をマーク。最終日は2イーグル(4バーディ、2ボギー)を決めて通算14アンダー、優勝した畑岡奈紗には2打差の4位に入った。

<< 下に続く >>

スタート時点ではトップと4打差。6番(パー3)でバーディを先行させ、2打目で5Wを握った7番(パー5)でイーグルを奪った。「風が吹くなかでどうやって良いプレーをするか」と慎重にホールを進めながら、後半は2度のバウンスバックを決めた。終盤17番(パー3)で奥から3mのフックラインを沈めてバーディ、18番(パー5)は残り213ydの2打目で5Wを振り切ると、高弾道のボールはピンそば1mに止まり喝さいを浴びた。

イーグルパットを沈めるフィニッシュに「このプレーで満足していないと本当に失礼なので。すごくいいプレーだったと思う」と笑顔がこぼれる。最終的には畑岡にも迫るポジションだったが、リーダーボードは「そんなに見たい気持ちもないから、見えたら、見えたで(構わない)。特に探してもいない」と、最後まで目の前の一打に神経を研ぎ澄ませた。

「全米女子オープン」優勝でツアーに加わってから約3カ月。「ゴルフは日々勉強だと思う。トップ選手の方たちと一緒に回って、それより幸せなものはない」と刺激的な日々を過ごしている。「そういう時間を大切にして、勉強できれば」。次週からはニュージャージー州での2連戦「ショップライトLPGAクラシックby Acer」、「ファウンダーズカップ」に出場。いつタイトルを掲げてもおかしくはない。(アーカンソー州ロジャース/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ウォルマート NW アーカンソー選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!