ニュース

米国女子ピュアシルク選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ピュアシルク選手権
期間:05/20〜05/23 場所:キングスミルリゾート(バージニア州)

「がんばらんといけん」渋野日向子は16位で最終日へ

2021/05/23 07:36


◇米国女子◇ピュアシルク選手権 3日目(22日)◇キングスミルリゾート(バージニア州)◇6445yd(パー71)

前日、宿舎に戻ったのは午後8時過ぎ。第3ラウンドのスタートまで約12時間という短い時間に渋野日向子は一変した。「眠いっす」と苦笑いを浮かべながら、午前8時9分の第1組でティオフすると、1イーグル7バーディ、2ボギーで米ツアー自己ベストとなる7アンダー「64」。15番(パー5)、18番はティが前に出されたムービングデ―の設定を生かし、首位と6打差、通算4アンダー16位へと駆け上がった。

<< 下に続く >>

風もなく、グリーンも軟らかさの残る好条件。そこに、予選突破してプレッシャーから解放された渋野のゴルフがかみ合った。1番こそボギー発進としたものの、3番(パー5)の3打目はウェッジでスピンを効かせてピンそばにピタリと止め、続く4番は1mを沈める連続バーディ。

7番(パー5)から2連続バーディで迎えた9番は、2打目が残り188ydのアゲンスト。「ユーティリティだと手前が見えちゃったので、5Wで抑えて打った。完璧だった」とピンをかすめて上2.5mにつける自画自賛のベストショットで3連続バーディとした。

見せ場はそれだけにとどまらない。2打目をグリーン手前20ydまで運んだ15番(パー5)は、58度のウェッジで直接沈めるチップインイーグルに「びっくりしました」と目を丸くした。「正直、狙った落とし所と全く違って飛び過ぎたけど、良い感じでスピンが入って、あー入っちゃったみたいな(笑)。結果的に良かったです」と運も味方に。

さらに、1オン狙いも可能な設定にされた18番(260yd/パー4)は、「きょう頑張ったから、(左の)池でもいいかなと気楽に打った」1Wで、注文通り1オンに成功して2パットの楽々バーディで締めくくった。

「昨日までの自分とは全然違って、自分でもよく分からないなって思いながらやっていました」と笑顔の渋野。「この3日間で一番縦距離も合っていたと思うし、自分が思うようなショットを打てる回数は多かった」とうれしそうにうなずいた。

「だいぶ、ダフリが少なくなってきたかな!」と胸を張った(?)が、「右ピンや、右が崖や池になっているときに、プレッシャーに負けてミスショットをしてしまう。まだまだこれから」と、目指すスイングの完成は道半ば。

来季の米ツアー出場権獲得に向けたポイント加算も気になるが、その『欲』と『今やるべきこと』の折り合いをつけるのも目下の課題だ。「そうだわー。ちょっとがんばらんといけんわー」と、とぼけるように笑ったが、最終日のプレッシャーも“渋野らしく”乗り越えていく。(バージニア州ウィリアムズバーグ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ピュアシルク選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには西畑萌香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!