ニュース

米国女子AIG女子オープン(全英女子)の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 AIG女子オープン(全英女子)
期間:08/20〜08/23 場所:ロイヤルトゥルーンGC(スコットランド)

「私、リンクスでも戦える」河本結はダボ締めも95点の自己評価

2020/08/21 10:12


◇メジャー第1戦◇AIG女子オープン(全英女子オープン) 初日(20日)◇ロイヤルトゥルーンGC(スコットランド)◇6649yd(パー71)

バーディなしの「75」。最終18番でOBからダブルボギーをたたいても、表情は明るかった。メジャー初挑戦となった河本結。4オーバー51位タイと惜しくも上位発進を逃しながら、わずかな自信が芽生えた。「私、リンクスでも戦える」――。

<< 下に続く >>

20m/s前後の風が吹き荒れた午後。パーを並べた前半の展開は難コンディションでは理想的とも言えた。それが8番(パー3)、10番で2m前後のバーディチャンスを外してアンダーパーを逃すと、11番で1mのパットがカップに蹴られてボギーが先行。14番(パー3)はティショットをグリーン奥にこぼして2つ目をたたいた。

18番では右ラフからの2打目がグリーン奥に転がり、白杭の向こう側に数十センチこぼれてOB。「完ぺきなショットがグリーン手前20ydのバンカーを越えたところに落ちた」というから悔やみきれないようで、本人の評価は違う。「きょうのゴルフは95点。安定していたし、しっかり低い球も打てた。ただ、アンラッキーが多かった」と前向きに分析した。

今季、米女子ツアーに身を置き、前週の「ASIスコットランド女子オープン」で初めて英国リンクスで戦った。雨風を浴び予選落ち。落ち込む気持ちにムチを打ち、「ローボール、フェード、ドローの打ち分けをものすごく練習した」。新しく知った種類の“難問”だからこそ、ショットメーカーの挑戦欲をくすぐられた。スコアメークに苦しんだ反面、「そこは通用した」という実感がある。「自信を持てますし、胸を張れるなと。自分の球を操る技術は自身を持てるところがあった。もっともっと、回数を重ねて経験したいなと思いました」

2日目は午前スタートとはいえ、引き続き厳しい天候が予想される。「自分が見えていないこと、想定以上のことが起こる。リスクマネジメントしながらゴルフを作っていかないといけない。でもこれぞ、全英女子オープン」と思いをかみ締めた。トップ集団の背中はまだ見える。「このコースはものすごく楽しい。疲れますけど、“ふるい”にかけられているような感じ。リンクスで戦える人と、戦えない人と」。もちろん、あしたも前者でいるつもり。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 AIG女子オープン(全英女子)




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!