ニュース

米国女子スタンフォード・インターナショナル・プロアマの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 スタンフォード・インターナショナル・プロアマ
期間:04/24〜04/27 フェアモントターンベリーアイルリゾート&クラブ(フロリダ州)

桃子5位、「追いつけないスコアじゃなかった」

米国女子ツアー第9戦「スタンフォード・インターナショナル・プロアマ」の最終日、トップのアニカ・ソレンスタムと2打差の3位タイ、2位のポーラ・クリーマーとともに開幕戦以来の最終組でラウンドした上田桃子だが、この日は1バーディ1ボギーとスコアを伸ばせず、通算5アンダー止まり。優勝は通算8アンダーで、プレーオフの末にクリーマーを下したソレンスタムが今季2勝目を飾った。

「最終的に3打差。追いつけないスコアじゃなかったので悔しい」。前半は3番で8mを3パット。「打ちすぎてタッチが思うように行かなかった」と、このホールをボギーとしたが、6番パー5では2オンに成功してバーディ奪取。その後は、スコアが動かなかった。

「バーディパットはラインがずれていたけど、パーパットは良く決まった」という上田。12番では2mのチャンスにつけたが決められず、その一方で3~4mのきわどいパーパットを決めて凌いだ。「最後まで何が起こるか分からないと思っていた。我慢は無駄にならない。近いうちにまた優勝争いをしたい」。米ツアーに挑戦して2度目の優勝争いに、上田は確かな手ごたえを感じていた。

「今日は強い気持ちでプレーできた。負けたことは悔しいし、もっともっと練習して自信をつけたい」。クラフトナビスコ選手権時にコーチである江連忠氏が訪米し、アプローチの距離感の重要性を叩き込まれた。やるべき事は分かったので、あとはやるだけと言った上田は、早速自身の言葉を証明した。

「SBSの時は“アニカは上手いな”と思ったけど、今日は“自分は自分”でいけた」と、精神面での成長も大きい。「毎週毎週やっていけば自信になるので、続けられるようにしたい。最終組はギャラリーも多いし、面白い。また最終組で回りたい」。この日の敗戦には希望が溢れていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 スタンフォード・インターナショナル・プロアマ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。