ニュース

国内男子マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

<不惑の戦士、横尾要はなぜ……?!>

2012/11/04 20:38


ずっと、不思議に思っていた。40歳になったころから、横尾要はプレー中に手袋をしない。帽子も被らない。どうしてだろう?

「面倒臭いからですよ」と即答した。「ショットでつけたり、パットで外したり…」。そもそも本来はショットの際もグローブをつけずにプレーをしても、本人には何の支障もなかったという。

「だから本当はずっと前から外してプレーがしたかった」。それでもこれまでは我慢をしてプレーをしていたのには、やむにやまれぬ大人の事情があったから。「メーカーとの契約がありまして」。つまり広告塔としての役割を求められるプロには、契約メーカーとの約束事があって、ラウンド中は必ず手袋を身につけるといったルールが細々と決められており、それを破るわけにはいかなかったのである。

「帽子もそうです」。メーカーのロゴが入ったキャップやバイザーの着用もそのひとつであったが、実はこれも横尾には苦痛だった。日よけのつばの部分が、煩わしくて仕方ない。「視野が狭くなる感じがして。目の前が暗くなるような気がして嫌だった」という。

それら諸々も、長いこと世話になってきたクラブ契約の終了を機に、いっぺんに晴れた。ウェアメーカーや契約スポンサーとも良い話し合いが出来たそうで「帽子は被らない、グローブもつけなくていい。その代わりにポロシャツの袖の部分に刺繍やロゴを入れることで、了解してもらうことが出来ました」と今年から、ひどい雨の日以外はほとんど、素手に無帽で過ごすことにしたのだそうだ。

身長176センチに端正な顔立ちで、デビュー当時から女性ファンが多かった横尾も、女優のかとうれいこさんと結婚して一児の父となり、今年はとうとう40歳を迎えた。先のマイナビABCチャンピオンシップでは今季自己ベストの3位タイでようやく賞金シードも確定させてほっと一息。

「次は優勝? 僕はないですよ」と自ら6年ぶりのツアー通算6勝目もあっさりと打ち消すが、アラフォー世代が全盛期のいま、横尾も負けてはいられない。「ないですよ。ないつもりでやってあったらラッキー」なんて、棚ぼたみたいなV6ではなくて、むしろ周囲を脱帽させるくらいの劇的復活Vで、いよいよ終盤戦を沸かせて欲しいものである。

提供
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。