ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちのお気に入り<田島創志>

2005/09/12 09:00

ツアー1勝の田島創志が、他とちょっと違ったスタイルでファンを楽しませている。19世紀に半ばごろ、イギリスで狩猟用の帽子として誕生したハンチング。最近、街で若者にも人気のこの変わり帽を被ってプレーしている。

片山晋呉のテンガロンハット・・・とまではいかないが、コースでもかなり目立っている。

色のバリエーションも豊富。
同じダンロップ契約選手の細川和彦星野英正がそれぞれオレンジとブルーを自身のテーマカラーとしていることから、「それ以外の色で」と配慮しつつ、メーカーに依頼して作ってもらった赤、黄色、白、グレー、黒の5色を、その日のウェアに応じて着替えている。

これを見た女子プロから、「田島さんと同じものを作って!」と注文が来るほど、ちょっとした注目を集めているのだが、ある女子プロが試しに田島の帽子をかぶってみたところサイズがまったく合わなかった。
実は田島の頭のサイズは40センチ台。成人男性の標準サイズを大きく下回り、デザインによっては子供サイズが入ってしまうこともあるという。バイザーを愛用していたころにはちょうどいいサイズがなく女性用のもので代用していたが、いまは特注サイズのハンチングにおさまっている。
「なんだか、“職人ゴルファー”っぽくていいでしょ? お気に入りです」と田島。

一昨年前、8月の久光製薬KBCオーガスタでツアー初優勝をあげてからスイング改造に取り組んだ影響でやや低迷が続いていたが、ここにきて上り調子。ツアー2勝目で、ハンチング姿をいっそう印象づけたい。

トーナメントで起こったルール裁定の実例

<フジサンケイクラシック>

1日目、4番ホール(パー3)のグリーンサイドで競技委員要請があった。グリーンサイドのラフに止まっていた球が、アドレスに入る前に少し動いたということであった。

競技委員は、本人、マーカー、同伴競技者、キャディからの情報を整理し、プレーヤーが球の動く原因をつくったものではないと判断して無罰で球の止まった所からプレーをさせた。

読者の皆さん、アドレスに入っていなければ全て無罰として認められるわけではありません。本年度のツアー競技で傾斜地に止まっていた球の近くで地面を叩くような素振りをしてアドレスに入る直前に球が動いたケースは、球の動く原因を作ったとして「1ペナルティでリプレース」と厳しい裁定が出されています。規則18-2a(ⅰ)(ハ)球に近づくときは注意をはらいましょう。

提供
おすすめ記事通知を受け取る



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。