ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちの副賞<エドアルド・モリナリ>

2009/11/30 11:01

トーナメントの優勝者には、ビッグな優勝賞金のほかに、たくさんの副賞がついてくる。豪華な車であったり、地元の美味しい食材であったり・・・。

2週前のダンロップフェニックスで、日本ツアー初出場にして初Vを挙げたイタリアのエドアルド・モリナリも国内最高額の4,000万円とともに、抱えきれないほどのお土産を抱えて帰っていった。

<< 下に続く >>

特に、ドイツの最高級車ベンツには大喜びで、キャディで親友のアントニオ・ガルパッチョさんにリモコンキーを見せびらかして、はしゃぎまくった。

だが、あの東国原・県知事から贈られた副賞には思わず目が点だ。
日本式のお辞儀を返して笑顔で受け取ったものの、あとでスタッフにこっそりと耳打ちした。
「これってどうやって、連れて帰ればいいの……?」と、戸惑ったのも無理はない。
賞品は、宮崎牛一頭分。
どうやら、モリナリは生きたままの牛をいただいたのだと勘違いしたようで、次週に中国・深センのワールドカップを控えていただけに、なおさら「どうやって帰ろう?!」と、焦ってしまったようだ。

あとから加工済みの肉を一頭分だったと聞いて「なんだそうだったのかあ」と、安堵の溜息。
しかも、生肉の輸送は困難なため、一頭分の金額に替えて受け取れると聞いてさらに納得していた。

これまでに勝った一番大きな大会が、優勝賞金1,000万円だったというから、その4倍以上ものビッグタイトル獲得に、初々しさを垣間見せた27歳は「安心して」と、スタッフに言われて、今度はいたずらっぽく切り返した。
「いやいや、生きたままイタリアに連れて帰って、僕のお庭で飼ってもいいんだけどね!」と超ご機嫌で宮崎を発ち、翌週のワールドカップでは、弟のフランチェスコと組んで世界一に輝く大活躍。
ひとつの勝利が選手に“自信”という何よりの副賞を与えてくれる。
このダンロップフェニックスは、世界水準のトーナメントとも噂され、1993年には南アフリカのアーニー・エルスなど、ここでの勝利からさらに大きく羽ばたいていった世界ランカーも数多く、日本人選手も負けてはいられない!!

提供
おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!