ニュース

国内男子ウッドワンオープン広島ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

平塚哲二がツアー通算3勝目/ウッドワンオープン広島ゴルフトーナメント

2006/07/10 09:00

必死で平静を装った。「優勝? そんなん、どうでもええやん。勝てる時は勝てる、勝てんときは勝てん。・・・それだけのこと」。
まるで「人ごと」のような顔でプレーを続けたのは、ほかでもない。
「尋常ではないプレッシャーがあったから」こそ。
「人一倍、ビビるたち」。
片山晋呉S.K.ホが激しい猛追を見せた後半から、手がブルブル震えていた。
そこから少しでも自分の気をそらしたくて、「勝ちたい」と逸る気持ちを懸命に押しとどめた。

揃って1打差に迫られたが、「それはそうやろう。2人はめっちゃ上手いんやから」。
平塚も、続く3位につけていたとはいえ相手は先週まで賞金ランク1、2位の選手だ。
「彼らなら、1ストロークにされてもしゃーないやん。勝てんでも、自分のゴルフができればそれでええやん」。
そう言い聞かせることで、必死でプレッシャーを跳ねのけようとした。

それでも、怖くなったときはすぐに胸に手をやった。
肌身離さず身につけている小さなロケットには父・央さんの写真。
昨年4月に肺がんで亡くしたときは、「ぽっかり穴が空いたみたいだった」と、振り返る。

父のスパルタ教育でゴルフを覚えた。
毎週、会場にきては夜、酒の肴に「あのショットはこう」とか「あれはどうだった」とか、息子とプレーを振り返るのを楽しみにしていた。
そんな父を喜ばせるために、これまでゴルフをしていたようなものだ。
「今でもまだ、そのこらへんの木の陰で俺のことを見ているような気がする。できるだけ早く勝って、成仏してもらいたかった」。
ツアー通算3勝目は亡き父のために。その気持ちが支えだった。

そう思いながら、結局あれから1年以上を要してしまった。
一時期ゴルフの調子さえ崩し、「もう勝てない」と、落ちこんだこともある。

それでも毎週月曜日、みっちり3時間のトレーニングを欠かさなかった。
内藤雄士コーチと取り組んできたスイング調整。
これまでは、そのアドバイスも理解できないことのほうが多かった。
しかし練習に練習を重ねてきた今は、理想に「近づいてきた」と実感できる。
この日「口から心臓が飛び出そうなくらい」のプレッシャーも、「普通にしてればきっと勝てる」という確かな手ごたえには及ばなかった。

辛くも1打のリードを守って迎えた18番。
奥カラーから6メートルのバーディパットは、「まさか入るとは思わなかった」。
「思い通りのラインに乗った」と思った瞬間、これまで抑えに抑えてきた感情が爆発した。

アッパーカットのガッツポーズ。
勝利の咆哮。
小山内護、川原希、矢野東井上信。そのほか、たくさんの仲間たち。手荒い祝福を受けながら、ウィニングボールはそっとポケットに。
“指定席”は、京都の実家の仏壇の中だ。
「・・・オヤジのコレクションなんですよ」。
つい感傷的になってしまう自分を、照れ笑いでごまかした。

提供
おすすめ記事通知を受け取る

2006年 ウッドワンオープン広島ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!