ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちの羨望<谷口徹>

2008/02/11 10:18

先月、たて続けに所属契約を発表した石川遼。あくまでも推測でしかないが、クラブメーカーのヨネックス社と松下電器産業株式会社との契約金を合わせると15億円は下らないとも言われており、その注目度・期待度には改めて度肝を抜くばかりである。

プロ転向を表明するなりこの金額だ。わずか16歳に、いきなりそんな破格のお金が動いたことに内心、心穏やかでいられないのはやはり先輩プロたちだ。昨年の賞金王、谷口徹も呆れ顔でつぶやいた。
「もうショックですわ~。だって僕の生涯獲得を、(契約金で)軽く抜かれちゃったんですからねえ…」。

谷口の言う「生涯獲得」とは文字どおり、プロ人生を通じて得た賞金総額のことだ。1年ごとの賞金ランキングのほかに、ツアーでは「生涯獲得ランキング」なるデータを算出している。これはもちろん、純粋にレギュラーツアーで得た賞金だけが加算されるもので、契約金やいわゆる“副業”で得た金額は含まれない。ツアープレーヤーとしての実力がもっとも計りやすい、“勲章”のようなものといえよう。

これまでのプロ16年間で10億8485万2874円を稼ぎだした谷口は、同ランキングでも尾崎将司中嶋常幸尾崎直道片山晋呉に次ぐ5位につけ、ひそかに自負してきた。
「賞金額より、勝ち星の数」が谷口の口癖とはいえ、やはり腕1本でそこまでのし上がったというプライドは、相当なものに違いない。

しかし、長年の苦労と努力を重ねて、コツコツと積みあげてきた生涯獲得賞金を、契約金であっさりと抜かれたときの衝撃といったら・・・。スター選手の誕生はもちろん大歓迎だが、「さすがに、なんかちょっと悲しくなりますよね」と、冗談まじりにこぼしていた。

もっとも、羨ましいのはそれだけではない。
昨年のドライビングディスタンス103位の谷口には、石川の飛距離はやはり魅力的に写るようだ。
「あれだけ、思い切って振っていけるんだもの…あれは、確かに凄い。なかなか、あそこまで振れないから。やっぱり、彼の飛距離はみどころがあると思う」と、言っている。

昨シーズンは中嶋常幸から「あと20ヤードも飛べば谷口も、海外で面白い戦いが出来るのに」と言われている。自らも、飛距離アップを今年の課題にあげているが、口で言うほどたやすいことではない。4月に控える5年ぶりのマスターズトーナメントは年々距離が伸びて、今回はよりいっそう厳しい戦いになりそうだがひとつ救いなのが、昨年の覇者ジャック・ジョンソンが、目を剥くほどの飛ばし屋ではないということだ。

そのジョンソンと、いちど同じ組で回ったことがあるそうだが、そのときもそれほど印象に残る選手というわけではなかった。それだけに、早起きしてチェックした昨年の衛星放送は「別の意味で度肝を抜かれた」と谷口はいう。

「メジャーで残り200ヤードなら、狙わないとブーイングが出そうな雰囲気。その中で、彼は刻みに徹して勝った。それが凄いと感動した。俺だって、マスターズであんなふうに刻んでもOKなんだな、と・・・」。
そう勇気づけられことは大きい。それに、飛ばなくたって谷口には得意のショートゲームがある。正確無比なアイアンショットだってある。「気負わず、普段どおりのゴルフをして、思いっきり楽しんで来たい」。

破格の契約金で、賞金王をも驚かせた石川の目標は「マスターズで優勝すること」だ。出場権を得ることすら困難と言われるこのメジャー戦に、谷口が初参戦したのは2002年。初の賞金王に輝いた年だった。
あれから5年。ますます技を磨き、自信をつけて臨む自身3度目のオーガスタ。日本のキングの存在感を存分に見せつけて、今をときめく16歳にもしっかりとお手本を示したい。

おすすめ記事通知を受け取る



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。