ニュース

国内女子資生堂アネッサレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

申ジエの優勝回数は「24」か「22」か カウントされない2勝への素朴な疑問

2019/07/04 08:55


◇国内女子◇資生堂アネッサレディスオープン 事前(3日)◇戸塚CC(神奈川県)◇6513yd(パー72)

申ジエ(韓国)は前週「アース・モンダミンカップ」でツアー24勝目を挙げたが、日本女子プロゴルフ協会の記録では、通算勝利数『22』となっている。なぜなのか?

通算勝利数に含まれていないのは2008年の「ヨコハマタイヤ PRGRレディス」と「ミズノクラシック」(現TOTOジャパンクラシック)だ。

申は「ヨコハマタイヤ PRGRレディス」に主催者推薦で参戦し、日本ツアー初出場初優勝を飾った。このときは米ツアーを主戦場としており、“招待選手”だった。協会は公式勝利数としてカウントするには日本ツアーの選手としての登録(TPD登録)が必要とする。申は翌シーズンの出場権をかけた日本ツアーの予選会を受けておらず、2008年はTPD登録する条件を満たしていなかった。

2勝目を挙げた「ミズノクラシック」は、日本ツアー特別公認の米ツアーだ。申は当時、米ツアーの資格で出場した。協会は米ツアーの成績で出場資格を得た選手の勝利数や賞金額について、日本ツアーの公式記録としてカウントしていない。これは現在も変わっておらず、18年大会で優勝した畑岡奈紗も米ツアーの資格で出場したため、同様に扱われている。

このため、2008年の2勝は優勝回数として記録されていない。申がツアー優勝者の権利で登録を済ませた後に挙げた09年の「マスターズGCレディース」での優勝が“1勝目”としてカウントされているのだ。

申は永久シード(30勝)獲得も視野に入るペースで勝ち星を積み重ねているが、協会によると永久シード獲得にはあと8勝が必要。強き31歳にとっては時間の問題とも言えるが、たかが2勝、されど2勝である。(編集部・林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 資生堂アネッサレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。