ニュース

国内女子アース・モンダミンカップの最新ゴルフニュースをお届け

「ちょっとは大人に」 原英莉花の成長したマネジメント

2019/06/29 18:45


◇国内女子◇アース・モンダミンカップ 3日目(29日)◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6622yd(パー72)

「長かった…。前半が昨日のように感じる」と振り返ったのは原英莉花。雨が降り続くなか、6バーディ、3ボギーの「69」でプレー。首位と3打差の通算12アンダー2位とし、最終日は自身初の最終組で優勝争いに臨む。

アウトコースから出た原はバーディ発進したが、4番(パー3)で3パットしてボギー。6番で50センチのパットを外して2つ目のボギーをたたいた。トップを走る同組の申ジエ(韓国)と5打差になり、「こんなんじゃやってらんない」と7番から3連続バーディを決め、集中力を高めて巻き返した。

調子が上向くきっかけとなったのが7番(パー4)。「前だったらドライバーを持っていたけど、(今日は)自分の得意な100ydを残したいという思いと、雨が降っていて自分のドライバーショットではラフに行く」と判断し、3Wを握った。

昨年8月「ニトリレディス」でも原と同組の経験がある申は「去年よりだいぶいいプレーを見ました。コースマネジメントが良くなった」。元世界ランク1位からの言葉に、原は「ちょっとは大人になったかな」とはにかんだような笑顔を見せた。

「ゴルフは他人ありきじゃなく、自分がどうするかだと思う。しっかり自分のできるベストを尽くして良いプレーができたら。まずは食らいつきたいですね」と鋭いまなざしで6月「リゾートトラスト レディス」に続くツアー2勝目を狙う。(千葉県袖ケ浦市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 アース・モンダミンカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。