ニュース

国内女子LPGAツアー選手権リコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

大山志保 ベテランが“乗る”ために…

2018/11/25 09:17


◇国内女子メジャー第4戦◇LPGAツアー選手権リコーカップ 3日目(24日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6471yd(パー72)

大山志保は後半、勢いに乗り切れず「14番からずっとバーディトライ。それを全部決められなかった」と悔やんだ。特に1.5mを外した17番を挙げ「もっと伸ばせたはず。きょうのミスは引きずらない」と首位と6打差で迎える最終日を見据えた。

前日に好感触を得たショットは好調を維持した。ただ、得意とするはずの高麗芝のグリーンで伸ばしあぐねた。7番と10番で3パットボギーを喫し「そこから色々考えすぎたのかもしれない」。この日ワーストの34パットを要し、「これだけ決まらないと厳しい」と自嘲気味に振り返った。

今年5月に41歳になり、グリーン上で集中力を欠くこともある。「昔は乗り出したら5連続バーディとか、普通にあった。(2006年に)賞金女王になったときは本当に勢いがあって、決まらないと思って打ったパットが入った。でも、いまはそういう流れを作ることはなかなかできない」

ただ、開幕前「最近出ていない」とした代名詞のガッツポーズはこの3日間、地元ファンに何度も見せている。この日も4バーディを奪い、観客を沸かせた。「私の場合、集中力もガッツポーズも自然と湧き出るもの。女王になったときより、技術は上。ベテランにない“勢い”は、経験でカバーする。やっぱり、あしたは期待に応えたい」(宮崎県宮崎市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 LPGAツアー選手権リコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。