ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

プロ12年目で初のシード落ち 服部真夕は出直しを誓う

2018/11/16 19:26


◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 2日目(16日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6525yd(パー72)

ツアー通算5勝の服部真夕が、プロ1年目の2007年から11年連続で保持してきた賞金シード(賞金ランキング50位まで)を喪失した。同82位で迎えた今週は、通算イーブンパーの67位で予選落ち。プロ入り後で初めて、27日から始まるファイナルQT(最終予選会)に回ることになった。

「守らなきゃいけないもの(シード権)がずっとあった。それが切れて、またイチからゴルフに取り組めるかなと。イチから考え直して新たな発見があればいいと思う」と吹っ切れた表情をみせた。

この日は32位からスタートして、1バーディ、2ボギーの「73」で後退した。今季はティショットに苦しみ、「フェアウェイから打てないと厳しいところがあった」と、前週までのフェアウェイキープ率は58%(83位)と低迷。8試合連続で予選落ちを喫するなど、1年を通じて力を発揮できなかった。

近年はアプローチイップスへの悩みも深めていたが、5月からはイ・ボミ(韓国)らを指導するチョ・ボムス氏に教えを受けている。「転がすアプローチができるようになった。いい兆しが少し見えてきた。めちゃくちゃ大きい」と手応えはある。

「シードを守るよりは、優勝争いに絡んで上位で戦いたい。下位よりも上位でやるほうが気持ちいい」。落ち込んでいる暇なんてない。初めてのシード喪失が、15年「CAT Ladies」から遠ざかる復活優勝への起爆剤となるか。(愛媛県松山市/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。