ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

ローアマチュアの喜びよりも…後藤未有が悔やんだ11打差

2018/09/30 17:34


◇国内女子メジャー第3戦◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 最終日(30日)◇千葉CC野田コース (千葉県)◇6677yd(パー72)

21人のアマチュアが出場した今年の「日本女子オープン」で、ローアマチュアのタイトルを獲得したのは、通算4アンダーの8位とした後藤未有(沖学園高3年)。次点の梶谷翼(山陽女子中3年)に4打差をつけたタイトル奪取にも、表情はこわばったままだった。

「決勝2日間でスコアを崩してしまったのが悔しいです。一度はトップと3打差まで行ったのに、結局11打差になってしまった。少し優勝が見える位置にいたのに、落としてしまって悔しい」とうつむき加減で口を結んだ。「それまでの貯金があったので、ローアマを獲れたのは率直に嬉しいけど…」。

反省したのはパッティングだ。3日目に4パットをした恐怖が残り「いままでは強気のパットが打てていたのに、ショートしたのが多かった。スコアを落としたくない気持ちが強かった」と振り返った。

そして、もう一点は体力面。「上にいる人は安定性がある。4日間コンスタントに、長期で戦っていけるように体幹を鍛えていく必要がある。きょうも最後の方は腰が思うように動かなくて、球が右に出ていた」と課題を挙げた。

それでも、負けず嫌いがにじみ出る。「ナショナルチームに入っている子たちは、学ぶことがたくさんあったと思うけど、自分が勝てて自信になった。(チーム)ジャパンじゃなくても勝てるよと、勇気づけられるかな」と、ふふふと笑った。

このタイトルで、来年受験予定のプロテストは11月上旬に行われる最終から出場できる。高校卒業後の時間も、有効に使うことができるだろう。(千葉県野田市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには今綾奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。