ニュース

国内女子マンシングウェアレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

セキ・ユウティンが首位浮上 姉妹コンビで初Vに前進

◇国内女子◇マンシングウェアレディース東海クラシック 2日目(15日)◇新南愛知CC美浜コース (愛知)◇6446yd(パー72)

日本ツアー2年目で20歳のセキ・ユウティン(中国)が、リーダーボードを駆け上がった。今年、中国でのプロテストを通過した16歳の妹・ユウリをキャディに起用。「グリーンでラインに迷ったら、妹に教えてもらえるし、ティショットを待つ間も話をしてリラックスできます。妹は明るくて、私は静かですね」と楽しそうに笑った。

首位と4打差の9位スタートから前半1番を3オン2パットのボギーとするも、3番(パー5)で135ydから8Iでつけた5mを入れるなど、9バーディ1ボギーの「64」。通算10アンダーとして、ささきしょうこと首位に並んだ。この日のパーオン率は89%、パット数26とショットに加えてグリーン上も安定した。

今季のレギュラーツアーは、推薦出場の今週で2試合目となる。フル参戦した昨季は賞金ランキング78位でシードを獲れず、今季の出場権をかけた予選会(QT)も3次で敗退。「とても悲しかったが、いい経験になった」と、今年は中国ツアーや日本のステップアップツアーで力をつける日々だ。ドライビングディスタンスは昨季から約20ydアップの平均238ydを記録するなど、成長も実感している。

今年7月のプロテストは不合格に終わり、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の正会員になれなかった。「中国で5回優勝したことがありますし、その感覚を覚えています。その気持ちをもって優勝を狙って頑張りたいです。結果はどうなっても、いい経験になります」。正会員になるにはツアー優勝が最短ルート。日本初タイトルに向けて気持ちを高めた。(愛知県美浜町/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 マンシングウェアレディース東海クラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。