ニュース

国内女子サマンサタバサレディースの最新ゴルフニュースをお届け

金・銀・青・バイオレット 沖せいらの髪色七変化

2018/07/13 19:51


◇国内女子◇サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 初日(13日)◇イーグルポイントゴルフクラブ(茨城県)◇6588yd(パー72)

キャップからチラリとのぞく金髪。レギュラーツアーで初の首位発進とした沖せいらは「ボーイッシュだから男の子と間違えられることが多いけど、髪色にはこだわっている」という。昨年のプロテストに合格した25歳は、今シーズン開幕から様々な髪色にしている。

故郷は山口県防府市。「人と違う感じにしたいのは昔もそうだった」が、中学卒業後に宮城県にあるゴルフの名門・東北高、東北福祉大に進学すると寮生活が続いた。校則などもあり、当時は黒髪。「せいぜい(左右で髪の長さが違う)アシンメトリーにするくらいだった」。

きっかけは、昨年末に拠点を福岡県に移したこと。地元の友達らに派手な髪色の人が多いことに加え、都会での生活で「黒だとちょっと地味だな」と触発された。シーズン中、福岡県に帰ると気分転換をかね、美容院で1万5000円のカラーリング。開幕からの4カ月で青や銀、ピンク交じりの銀、バイオレット(紫)などにしてきた。

「特にキャラを意識しているわけではないけど、ツアーの中で少しは浸透してきたかも」と笑顔。髪の色が落ちていき茶色になることがあると、青木瀬令奈ら同学年のプロから「最近の髪色、地味すぎない?」といじられることも。ロープの外から聞こえる「派手な人だね~」という声も前向きにとらえ、「両親からは好きな髪色にしなさいって言われているんです。今しかできないと思ってね」。

ここ最近、不調だったパットも決まり、この日は6バーディ、ボギーなし。本業でも“目立つ”位置につけ、「同級生はシード選手が多いから追いつきたい。今週はチャンスなんで、無駄にしたくない」と気を引き締めた。(茨城県阿見町/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 サマンサタバサレディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには瀬戸瑞希選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!