ニュース

国内女子ニチレイレディスの最新ゴルフニュースをお届け

鈴木愛が不動裕理に並ぶ! ツアータイ記録の出場10試合で4勝目

2018/06/17 19:34


◇国内女子◇ニチレイレディス 最終日(17日)◇袖ヶ浦CC新袖C◇6548yd(パー72)

18番(パー5)の繰り返しで行われたプレーオフ2ホール目。鈴木愛は1mのバーディパットを外すと思わず苦笑い。今度こそ勝利を決める短いウィニングパットを沈め、「本当に難しいコースなので、最後まで何があるか、わからないという気持ちで最後までできた。結果はすごくよかったので満足しています」と今季4勝目の喜びにひたった。

首位を2打差で追う後半17番(パー3)では、5UTで1.5mにつけてバーディ。最終18番もバーディとして、通算9アンダーで並んだテレサ・ルー(台湾)、申ジエ(韓国)とのプレーオフに突入した。1ホール目をパーとしたルーが最初に脱落。2ホール目では申がダブルボギーを叩いて勝敗が決した。

「ギャラリーの人から、『日本の選手がまた負けた』とか聞きたくなかった。日本が一番強かったことを見せることができてホッとしている」。先月から痛める左ひざは、「状態は70%くらい」と今も万全ではない。プレーオフもここまで1勝4敗と苦手としてきたが、2020年の東京五輪出場を目指す気概をプレーで示し、和製・賞金女王としてのプライドをにじませた。

驚異的な勝利のペースも強者の証しだ。今季の出場10試合目での4勝目は、2004年の不動裕理(同年は7勝)に並ぶツアー最短記録。「自分の実力では3勝できればいいと思っていた。こんなにハイペースで勝てるとは思ってなかった。やっぱり、優勝争いだけじゃなく、後半戦も勝たなきゃいけないし、勝てるように準備したい」と、不動が03年に記録した年間最多の10勝超えも視野に入れる。

ディフェンディングチャンピオンとして出場する次週の「アース・モンダミンカップ」(千葉県・カメリアヒルズカントリークラブ)に向けても弾みをつけた。「ゴルフの調子も悪くないし、自信を持って前半戦最後の試合に臨めたらいい」。24歳の勢いは、まだまだ止まりそうにない。(千葉市/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ニチレイレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。