ニュース

国内女子ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

18回目のダイキン出場 諸見里しのぶが4位で決勝へ

2018/03/02 18:37


◇国内女子◇ダイキンオーキッドレディス 2日目 (2日)◇琉球GC(沖縄県)◇6558yd(パー72)

沖縄出身のホステスプロの諸見里しのぶが6バーディ、3ボギーの「69」。通算6アンダーとして、首位と2打差の4位で決勝ラウンドに進出した。

「途中、スコアボードで順位は確認していました。本当は(首位に)抜け出したかったんですが、ちょっと一歩後退しちゃいましたね」と、悔やんだのは最終9番のボギー。だが、後半7番(パー5)で110ydからPWでOKにつけるなど、4つのパー5すべてでバーディを奪うなど気持ちよくスコアを伸ばした。

大会直前に行った3週間のタイ合宿では午前6時過ぎからラウンドし、その後のパッティング練習は「ものすごくやりましたし、体力がつきました」と6時間にも及んだ。予選2日間の平均パット数は全体3位の27と努力が数字にもつながった。

ツアー通算9勝を誇る31歳のベテランは完治不能と診断された「第四肋軟骨(ろくなんこつ)の炎症」と戦いながらクラブを握る。起床後のストレッチや月に1度の電気治療は欠かせないものの「すごくいい状態にある」と胸を張る。以前は100回ほどのスイングで痛みが出たが、現在は500スイングも可能となった。

「自分のやってきたことを信じてやれば結果はついてくる。難しいと思うんじゃなくて自分が出来ることを精一杯することに徹したい」と15年連続18回目となる出場の心境は澄んでいる。2009年の「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」以来、3094日ぶりのツアー10勝目へ、週末は地元の期待も大きくなりそうだ。(沖縄県南城市/玉木充)

関連リンク

2018年 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~