ニュース

国内女子ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

鈴木愛が首位、諸見里しのぶは4位 イ・ボミ予選落ち

◇国内女子◇ダイキンオーキッドレディス 2日目 (2日)◇琉球GC(沖縄県)◇6558yd(パー72)

7位からスタートした鈴木愛が6バーディ、ノーボギーの「66」でプレー。後続に1打差の通算8アンダーとし、昨季の賞金女王が単独首位でシーズン開幕戦を折り返した。

通算7アンダーの2位に首位から一歩後退した川岸史果と、「67」と伸ばした李知姫(韓国)。川岸は前半インにパーを並べて後退したが、後半に4バーディ(2ボギー)を奪い「70」。昨年大会を2位で終えた雪辱戦で上位をキープし「初日90点ぐらいだったが、きょうは60点ぐらい。これが最終日じゃなくてよかったし、アンダーで回れてよかったです」。首位の鈴木愛について「賞金女王ですし、同い年(23歳)なので意識する部分はあるんですが、勝たないといけない壁なので、しっかりと食らいついていきたい」とライバル心を燃やした。

通算6アンダーの4位に、地元のホステス大会で9シーズンぶりの優勝を狙う諸見里しのぶ。通算5アンダーの5位に、イ・ミニョンペ・ヒギョンの韓国勢が続いた。

畑岡奈紗は通算2アンダーの16位。横峯さくらは通算1アンダーの24位。前年覇者のアン・ソンジュ(韓国)、勝みなみらは通算イーブンパーの31位で決勝ラウンドに進んだ。

イ・ボミ(韓国)はカットラインに1打届かない通算2オーバーの58位で予選落ちした。

<上位の成績>
順位/スコア/選手名
1/-8/鈴木愛
2T/-7/川岸史果李知姫
4/-6/諸見里しのぶ
5T/-5/イ・ミニョンペ・ヒギョン
7T/-4/森田遥藤田さいき申ジエ岡山絵里キム・ヘリムユン・チェヨン

関連リンク

2018年 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~