ニュース

国内女子スタンレーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

畑岡奈紗、LPGA正会員に「重みが違う」

2017/10/05 18:24


◇国内女子◇スタンレーレディスゴルフトーナメント 事前情報◇東名CC (静岡)◇6589yd(パー72)

偉業に挑む18歳に浮ついたところはない。畑岡奈紗が開幕前日のプロアマ戦をプレーしながら、入念にグリーン周辺をチェック。2007年の全美貞(韓国)以来、史上2人目となる3週連続優勝へ表情を引き締めた。

<< 下に続く >>

「ショットの状態に変わりはないが、グリーン周りはスピードが変わっているので気をつけたい。記録のことばかり考えると、重要なプレーに集中できない。いつも通りにプレーして、そういう結果(3週連続優勝)になればいい」

アマチュアとして最後のプレーとなった昨年大会は4位。「1年でどれくらい自分が変わったのかがわかる」と意気込んでいる。「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」「日本女子オープン」を制し、今週は3週連続Vへ挑むが、「3日間で2桁アンダーを目標にしています」と想定した。

2007年に「ヴァーナルレディース」を制し、史上初の3週連続優勝を達成した全美貞は「私のときはたまたまです」と振り返ったが、多くの挑戦者を跳ね返してきた壁であることは確かだ。

プロアマ戦の表彰式後は、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)正会員となった証しのメンバーカードを受け取った。会員番号「1038」の畑岡は「重みが違います。LPGA50周年の記念すべき年に取れたのは記念になる。やっぱりプロテストを受けないと取れないものと思っていたが、優勝で取れてうれしい」と喜びをかみしめた。

これまでは登録料(50万円)を払って単年登録を行っていたが、入会金60万円を払って正会員となり、年会費7.2万円(月6000円)へと移行した。また日本国籍の会員として、理事を選ぶ投票権も与えられた。(静岡県裾野市/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 スタンレーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!