ニュース

国内女子CATレディースの最新ゴルフニュースをお届け

28歳最後の日 完全復活Vのイ・ボミ「苦しい記憶忘れる」

2017/08/20 16:27


◇国内女子◇CATレディース 最終日(20日)◇大箱根CC(神奈川)◇6704yd(パー73)

ウィニングパットを沈めると、18番グリーンを取り囲むギャラリーに笑顔を向け、そっと右手を挙げた。首位タイでスタートしたイ・ボミ(韓国)が4バーディ、ノーボギーの「69」をマーク。通算12アンダーとして、初日からの首位を守る完全優勝で、2016年「伊藤園レディス」以来となる約9カ月ぶりの通算21勝目を挙げた。

最終組でイの名前がコールされると、オレンジ色の帽子をかぶったファンらの歓声が沸いた。「ライバルは昨年の自分」。スタート前に清水重憲キャディと決めた目標だ。1番(パー5)ではグリーン手前、第3打のアプローチを約1mのチャンスに寄せたが、カップに蹴られてパー発進。同組の大山が序盤の3連続バーディで猛追をかけたが、イは静かにチャンスを待った。

6番フェアウェイからの第2打をピン奥2mにつけ、バーディを先行。声援を送る子どもたちとグータッチを交わして、7番のティグラウンドへ。7番では1m、8番ではピン右2mを沈めた。9番(パー5)では手前からの4mを流し込んで、4連続バーディとした。

後半はこう着状態となった。「前半よりはショットが寄らなかったけど、後半はパットのタッチが良かった」。ピンチは、ティショットを右のバンカーに入れた18番。グリーン手前の花道からのアプローチがショートし、2mのパーパットを残したが、しっかり沈めてノーボギーでフィニッシュした。

「良いときのプレーをみんな見せたかった。きょうは、それができたから本当にうれしい。ここまで勝てなくて苦しかったけど、チームと一生懸命やってきたことが結果につながってうれしい」

この優勝により、ツアーの正会員になる権利を得た。「会員になります。参戦7年目でやっと」と登録の意思を明らかにした。翌21日は29歳の誕生日。「28歳、最後の週だったから、今週(優勝して)いい記憶が残れば、苦しかったここまでの記憶を忘れられる」。終わり良ければ、すべて良し。次週は韓国ツアーに出場し、29歳の1年間をスタートさせる。(神奈川県箱根町/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 CATレディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。