ニュース

国内女子樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

高3アマチュア植竹希望がジョコビッチに憧れる理由

◇国内女子◇樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 初日(28日)◇武蔵丘GC(埼玉)◇6580yd(パー72)

2アンダー5位と上々の滑り出しを決めたアマチュアの植竹希望(うえたけ・のぞみ/日出高3年)は、男子テニスの世界ランキング1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に憧れている。ゴルフではなく、テニスの絶対王者に尊敬の眼差しを注ぐのには理由がある。

<< 下に続く >>

来年のプロ転向を目指す18歳は、幼少期から甲殻類などを口にできない体質で食事には人一倍、気をつけている。3週間前の「いわて国体」のゴルフ競技2日目には、ラウンド中にチョコレートパンを食べて呼吸困難に陥った。医者からはこれまでアレルギー反応が出ていない食べ物でも、取り続けると身体に異常をきたすかもしれないと言われている。現在は「野菜、肉、魚、ご飯」と食べる順番まで気にしている。

ジョコビッチは食事法を工夫したことで、世界のトップまで上り詰めることができたと本で読んだ。グルテン(小麦などから生成されるタンパク質)に対して不耐症と診断され、パスタやピザなどグルテンを含む料理を食べない「グルテンフリー」の食事法に切り替えたジョコビッチが憧れになった。植竹は昨年5月から約6カ月、この食事法を取り入れた。

体重が4kgほど減少し、飛距離も落ちたことで、この食事法はやめた。「わたしの体質には合わなかったような気がします」と言う。だが、尊敬の念は変わらない。「ストイックなところがかっこいい。しかも、昔、大変な境遇だったって読みました」。ジョコビッチは子どものころ、旧ユーゴスラビアの内戦を経験している。「日本でゴルフをできているのは幸せだな、と思います」。困難を乗り越えた一流のプロの姿は、違うスポーツに打ち込む異国の少女にとっても、まぶしい。(埼玉県飯能市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには平井亜実プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!